タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 札沼線を往くキハ40系4連「2017ひまわり号in月形」を追う【後編】
2017-09-30 (Sat) 08:48

札沼線を往くキハ40系4連「2017ひまわり号in月形」を追う【後編】



石狩太美駅で9221D(札幌8:21始発・石狩月形行き団体臨時列車)を撮影した後は、後続する9:36発の551M(札幌8:55始発・石狩当別行き普通列車)に乗って移動。
充当車両は733系B-3107編成で、9:42に終点の石狩当別駅に下車しました。
ここからは北海道医療大学以北の非電化区間でキハ40系4連の撮影に臨む事になりますが、乗り換える5427D(石狩当別11:15始発・浦臼行き普通列車)の発車まで1時間半も待ち時間があるため、一旦外に出て暇を潰しました。





改札口を出たら駅南口にある「ふれあい倉庫 当別赤れんが6号」に直行。
ここは1941年に建造された米の貯蔵に使う農業倉庫を改装し、2007年に開業した交流スペースで各種展示会や地場産品の直売が行われています。
札沼線での貨物取扱いが健在だった頃は、この倉庫から搬出された米が貨物列車に積み込まれ、各地に運ばれていたのでしょう。
「せっかくだし酒のアテにするニンニクを買っていこうか」と思い売り場を観覧すると・・・やはりありました、石狩当別産のニンニク。
お値段は何と1玉160円、安い!
大抵のスーパーなら国産のニンニクに1玉250円の値が付いていますから、これはお買い得です。
今回は2玉買いましたが、もう3玉くらい買って良かったかも。

JR北海道 臨時列車 国鉄 学園都市線 団臨
JR北海道 臨時列車 国鉄 学園都市線 団体臨時列車


折りしも当日は「第9回とうべつさわやか駅伝」の開催日で、石狩当別駅前には大会本部とスタート・ゴールが設置されていました。





NTT石狩当別ビルの手前でスタートを切り、駅舎方向に向かって選手達が駆けていきました。
スタートを見届けたら道道81号線を南下し、セイコーマートゆあさ店でホットシェフのカツカレーを購入。
石狩当別駅に戻って昼食をとります。


キハ40系400番台


3番線には11:03、キハ40-402が当駅止まりの5426D(新十津川9:40始発・石狩当別行き普通列車)として入線。
今や1往復しか運転されない札沼線浦臼~新十津川間において、上りの始発列車にして最終列車となっているのがこの5426Dですね。
折り返し5427D(石狩当別11:15始発・浦臼行き普通列車)に充当されるので、これに乗って樺戸郡に足を踏み入れる事になります。


便乗移動


新十津川方の乗務員室からは何と、「ひまわり号」の乗務を担当する札幌車掌所の車掌とリーダー(助役補佐)が降りてきました。
石狩月形駅までの乗務を終えた後、5426Dに便乗して石狩当別駅まで引き返してきたんですね。
てっきり「ひまわり号」の折り返しである回9850D(石狩月形12:18始発・石狩当別行き回送列車)に乗るか、そのまま石狩月形に残って帰りの9222D(石狩月形15:13始発・札幌行き団体臨時列車)に乗務するかのどちらかになると思っていたため、これはあまりに予想外でした。
何でまたこんな中途半端な便乗移動を設けたんでしょうね・・・?
ここしばらくは肌寒い日が続いたのですが、「ひまわり号」の運行当日は一転して暑かったものですから、リーダーも上着を脱いでいました。





5427Dで非電化区間を北上し、11:39に月ヶ岡駅で下車。
ここをキャンプ地撮影地とする!
おさらいとして「2017ひまわり号in月形」の運行ダイヤと編成内容を再掲しましょう。

【下り9221D 札幌始発・石狩月形行き団体臨時列車】
札幌8:21始発(5番線)→桑園8:24着/8:44発→石狩太美9:10着/9:20発→石狩当別9:27着/9:30発(2番線)→石狩月形9:54終着(3番線)

【上り回9850D 石狩月形始発・石狩当別行き回送列車】
石狩月形12:18始発(2番線)→石狩当別12:42終着(3番線)

【下り回9851D 石狩当別始発・石狩月形行き回送列車】
石狩当別13:10始発(3番線)→石狩月形13:33終着(3番線)

【上り9222D 石狩月形始発・札幌行き団体臨時列車】
石狩月形15:13始発(2番線)→石狩当別15:36着/15:42発(1番線)→あいの里公園15:52;30着/15:53発→札幌16:16終着(8番線)

←札幌 キハ40-302(1号車)キハ40‐303(2号車)キハ40‐817(3号車)キハ40‐1821(4号車) 石狩月形→

月ヶ岡駅で狙うのは回9850Dです。
知来乙方の踏切付近には「ひまわり号」の情報をキャッチした同業者が集まっており、どうやら顔馴染みの集団のようで意外な事に若い女性も見られます。
しかし、列車移動で月ヶ岡に来たのは私一人だけ。
後の方々は皆一様にマイカー移動でありました。


キハ40系4両編成


ホーム上から駅前の農家を見ると・・・





昔から気になっていたモノコックバスの廃車体が、相変わらず物置として使われています。
車体側面の表記から分かりますが、元は札幌ゴルフ倶楽部が送迎用に所有していた車両のようです。


札沼線月ヶ岡~知来乙間


回9850D(石狩月形12:18始発・石狩当別行き回送列車)が月ヶ岡駅に姿を現したのは12:24。
鬱蒼と生い茂る鉄道林をバックにキハ40系4連が走る光景は、札沼線の電化区間では見られなかった味わい深さがあります。







速度を緩める事なく月ヶ岡駅を抜けていきました。
撮影後、地元のお爺さんとしばし歓談。
鉄道ファンではなさそうでしたが「4両なんて珍しい列車が見れたね」と喜んでいました。


須部都川


その後は石狩月形駅まで一人ヘルシーウォーキングに突入。
暇潰しにファンファーレ・チョカルリアタラフ・ドゥ・ハイドゥークスを聴きながら、国道275号線をひたすら歩き続けました。
月形学園の辺りで斜め左に曲がり、須部都(すべつ)川を越えて月形町の市街地へ。
石狩月形駅には13:11に到着しました。





駅前のバス停には北海道中央バス月形線の経路変更に関する案内が貼られていました。
新たな経路での運行は2017年10月1日からの開始予定で、岩見沢市内の緑校前~村界橋間を廃止し道道6号線経由に変更されます。







「ひまわり号」の乗客に配慮しているのか、この日は正面玄関・改札口ともに引き戸が外されて広々とした間口に。





外した引き戸は出札窓口の脇に置かれていました。





配置人員も普段なら石狩当別駅から交代で派遣される輸送主任1人だけなのですが、「ひまわり号」の操車や乗客対応のため更に9人の駅員が作業着姿で応援に来ていました。
しかもよく見ると赤帯2本・白帯1本入りヘルメットを被った石狩当別駅長に加え、赤帯2本入りヘルメットを被った助役が5人もいます。
この時は舗装し直したばかりのアスファルトの固まり具合を確認していましたね。





回9851D(石狩当別13:10始発・石狩月形行き回送列車)は13:33に3番線へ入線。
駅北側の公道から撮影しましたが、見事な逆光になってしまいました・・・。
曇り空なら良かったんだけどなあ。







更に北、浦臼や新十津川まで乗り入れないのが少し惜しくはありますが、石狩月形駅にキハ40系4連が停車するだけでも大変貴重なので大満足。
2010年9月に札幌~石狩月形間で運転された快速ヘルシーウォーキング号も、キハ141系2両とキハ40系1両で組成した3連でしたから、それより更に長い編成が乗り入れた事になります。





Aさんから「ひまわり号」運転の情報を仕入れた時点で察していましたが、やはり4両全てがホームにすっぽり収まる事は不可能でした。
石狩月形駅のホーム全長では20m車3両が限界。
札幌方のキハ40-302は半分はみ出してしまいました。







キハ40系4連は13:50発の5428D(浦臼13:21始発・石狩当別行き普通列車)との交換後、助役や輸送係駅員の操車により2番線へ転線する事になります。





13:46、5428Dのキハ40-402が入線。





せっかく石狩月形駅に来たのでスタフ授受もカメラに収めます。
普段なら助役と同じ金線1本入り赤帯制帽を被った輸送主任がスタフ授受を担いますが、この時は操車要員として派遣された作業着姿の別の輸送主任が担当。
本務の輸送主任さんは出札窓口での旅客対応に当たっていたようです。
スタフ授受を見た後は5428Dに乗り込み、「ひまわり号」最後の撮影地に移動しました。





14:18、北海道医療大学駅で下車。
架線下に戻って参りました。





最後は「学園都市線」の愛称に相応しい風景を、という事で北海道医療大学の校舎をバックに撮影します。
駅間で言うと石狩当別~北海道医療大学間
15:13、9222D(石狩月形15:13始発・札幌行き団体臨時列車)が通過しました。
美しい金の穂波と大学の校舎、そんな景色をキハ40系4連が駆け抜けるシーンは往事の札沼線を彷彿とさせます。





水田を横目に走り去っていく「ひまわり号」。
これにて追っかけ撮影は終了となりました。





そして2582M(北海道医療大学15:46始発・札幌行き普通列車)に乗って帰宅。


※写真は全て2017年9月24日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)


鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可