タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 苗穂工場一般公開 2016年9月24日【2】
2016-09-25 (Sun) 17:49

苗穂工場一般公開 2016年9月24日【2】



前回記事では休憩車3両のうち、お座敷車両のキハ183-6101、元・札沼線用ロングシート車のキハ40-331を取り上げました。
残る1両はキハ40系1700番台のキハ40-1787。
苫小牧運転所に所属しているワンマン対応車です。





キハ40-1787の車内。
こちらは窓が全て開けられており、他の2両に比べて涼しかったですね。
乗務員室に遮光幕が下ろされており、運転台を見る事は出来ませんでした。







休憩車両を一通り観察した後、近くのミニSL降車場が騒然としていました。
何かトラブルでも起きたのだろうかと気になって見てみると、検修員の方々がミニSLを取り囲んでいます。

JR北海道 国鉄 JR貨物 北海道新幹線 蒸気機関車 東北新幹線
JR北海道 国鉄 JR貨物 北海道新幹線 蒸気機関車 東北新幹線


何と、ミニSLが脱線してしまったのです。
これまで何度も苗穂工場の一般公開に足を運んできましたが、このようなハプニングに遭遇するのは初めてでした。
どうやら脱線の弾みで走行機器もやられたらしく、運転を再開できるとしても1~2時間はかかる見通し。
脱線事故が発生した時刻は13:14頃で、ミニSLは14:00の運転終了予定です。
しかも15:00には一般公開が終了になるため、検修員さんが「ミニSLの運転は只今を持ちまして終了とさせて頂きます」と周囲の来場者に案内を始めました。

JR北海道 国鉄 JR貨物 北海道新幹線 蒸気機関車 東北新幹線
JR北海道 国鉄 JR貨物 北海道新幹線 蒸気機関車 東北新幹線


現場の状況を見ると、どうもオーバーランを起こして脱線したみたいですね・・・。
例年なら線路の末端に車止めをしっかり設けていたのですが、今年は設置されていなかったのでしょうか?

JR北海道 国鉄 JR貨物 北海道新幹線 蒸気機関車 東北新幹線
JR北海道 国鉄 JR貨物 北海道新幹線 蒸気機関車 東北新幹線


ミニSLの運休が決まると、脱線していない客車はすぐさま人力で回送されていきました。





13:19、ミニSLを持ち上げるべくフォークリフトがやって来ました。
フォークとミニSLの先端をワイヤーで繋ぎます。





持ち上がったら手作業でミニSLをレールの上に乗せていきます。
大の大人が何人かかっても重たいというミニSLですから、車輪が乗っかるまでに時間がかかります。





13:30、無事にミニSLが線路に乗りました。
フォークリフトも周囲の検修員の誘導により、持ち場へと帰っていきました。





そしてミニSLが人力により回送されます。
線路に乗っても重たい事に変わりはないので、複数人で小さなデゴイチを押していきます。
写真左の初老の検修員さんをよく見ると、何気に国鉄時代の帽子を被っていますね。
先頭の方はヘルメットの帯が2本なので、助役さんでしょうか。





こちらは一足先に回送されていった炭水車。





ミニSLも大勢の検修員に押され、実物のD51形237号機の手前を通り過ぎていきます。





既に動力が切られていますが、ミニSLからは蒸気がもくもくと吹き出ていました。
脱線時の衝撃によるものでしょう、スカートが見事に折れ曲がってしまいましたね・・・。





13:34、乗車場に到着したミニSL。
暫くこの場所で点検を行うようでした。





ミニSL降車場の近くでは鉄道建設・運輸施設整備支援機構(略称:鉄道・運輸機構)が展示を行っていました。
同機構の成り立ちから始まり、奥津軽いまべつ駅、木古内駅、新函館北斗駅や函館新幹線総合車両所といった北海道新幹線の諸施設を紹介していました。





オリジナルの法被を着て、展示内容を確認する鉄道建設・運輸施設整備支援機構の職員。
鉄道・運輸機構は2003年10月の設立ですが、やはり鉄道と法被は昔から切り離せない関係ですよね。





鉄道・運輸機構の展示を観覧した後は、苗穂工場の敷地内を散策しました。
次回に続きます。


※写真は全て2016年9月24日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by takekyu
こんにちは
脱線事故は聞いていましたが、オーバーランだったのですか!
カーブで車輪がレールから外れたのかと思っていました。
気になっていました。ありがとうございます。

No title * by 札学鉄研OB会
>takekyuさん

どうも、こんにちは。

私も脱線事故の瞬間に立ち会った訳ではないので詳しい事は分かりませんが、現場を見た限りでは、オーバーランとしか考えられないですね。
もしかしたら、停車しようとしたらブレーキが効かず、そのまま脱線してしまったのかも知れませんね。
毎年欠かさず用意されていた車止めが無かったのは不可解ですが・・・。

(叡電デナ22@札幌市在住)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

こんにちは
脱線事故は聞いていましたが、オーバーランだったのですか!
カーブで車輪がレールから外れたのかと思っていました。
気になっていました。ありがとうございます。
2016-09-30-12:28 * takekyu [ 編集 * 投稿 ]

No title

>takekyuさん

どうも、こんにちは。

私も脱線事故の瞬間に立ち会った訳ではないので詳しい事は分かりませんが、現場を見た限りでは、オーバーランとしか考えられないですね。
もしかしたら、停車しようとしたらブレーキが効かず、そのまま脱線してしまったのかも知れませんね。
毎年欠かさず用意されていた車止めが無かったのは不可解ですが・・・。

(叡電デナ22@札幌市在住)
2016-09-30-14:42 * 札学鉄研OB会 [ 編集 * 投稿 ]