タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 復旧は10月上旬!石北本線の代行バス&臨時列車に乗る
2016-09-14 (Wed) 20:08

復旧は10月上旬!石北本線の代行バス&臨時列車に乗る



台風により上川~中越信号場間の路盤が流出し、今も上川~遠軽間が運休となっている石北本線。
JR北海道は当該区間の復旧について、これまで2016年10月中旬に運行を再開する見込みとしていましたが、護岸工事が順調に進んでいるため同10月上旬の再開に繰り上げとなりました。
また、上川~遠軽間の代行輸送についても臨時バスと普通列車の接続で対応してきましたが、本日2016年9月14日から臨時快速の運行を開始し、同時にバスのダイヤも改正されています。
これに関して詳しくは後述しますが、去る9月8日に運休区間の代行バスに乗ってきましたので報告します。

上川~遠軽間の代行バスは2016年9月1日から運行されています。
バスは昨日まで上り3本、下り2本の運行で、接続列車を含めたダイヤは下記の通りでした。

【上り(旭川方面)】
①網走10:11発⇒北見11:14発⇒遠軽12:49着/13:30発⇒丸瀬布14:00発⇒白滝14:25発⇒上川15:10着/15:58発⇒旭川17:06着
②網走12:04発⇒北見13:20発⇒遠軽14:53着/15:10発⇒丸瀬布15:40発⇒白滝16:05発⇒上川16:50着/18:53発⇒旭川20:05着
③北見17:18発⇒遠軽18:34着/18:50発⇒上川20:10着/20:28発⇒旭川21:28着

【下り(網走方面)】
①旭川9:07発⇒上川10:23着/10:40発⇒白滝11:25発⇒丸瀬布11:50発⇒遠軽12:20着/13:31発⇒北見15:03発⇒網走16:10着
②旭川16:14発⇒上川17:51着/17:55発⇒白滝18:40発⇒丸瀬布19:05発⇒遠軽19:35着/19:41発⇒北見21:02着/乗換21:14発⇒網走22:15着

※赤字部分が代行バス、全て瀬戸瀬駅を通過
※主要駅のみ発着時刻を記載、上川20:28発は臨時列車

JR北海道 国鉄 臨時列車 マキシオン スペースランナーRA ダイヤ改正
JR北海道 国鉄 臨時列車 マキシオン スペースランナーRA ダイヤ改正


私が乗車したのは遠軽18:50発の上川行き。
上り代行バスの最終便で、運休区間の途中駅である瀬戸瀬駅、丸瀬布駅、白滝駅は全て通過します。
代行輸送を担当するバス会社は道北バスで、充当車両は本社営業所所属の旭川200か・978(日産ディーゼルRA/富士重工7Mボディ/1999年式)でした。
1台しか手配されていないのは、並走する都市間バス(高速えんがる号/ドリーミントオホーツク号)への乗客の流出を考慮しての事でしょう。
とはいえ、遠軽駅の駅員さんに案内され、駅舎を出て右手に停車中のバスに乗り込んだのは、私を含め鉄道ファン2人だけ。
実は既に15:10発の代行バスを見送っていまして、その時は20人ほど乗車していたので同じくらいの乗客数になるか・・・と思っていたのですが、あまりの少なさにビックリ!
15:10発は上川駅での乗換列車の待ち時間が2時間もありますし、旭川駅の到着時刻も最終便とは1時間半も変わらないものですから、もう少し乗っても良さそうな気が・・・。

我々2人の後に続いて乗り込む客も無く、とうとう発車時刻の18:50に。
年配の駅員さんが運転手さんに「発車させて下さい」と声をかけ、遂に代行バスは遠軽駅を出発しました。
こんな空気輸送状態の高速バス車両に乗るのは、人生で初めてかも知れません。
市街地から暫くは国道242号線(置戸国道)をひた走り、郊外の豊里地区で十字路を右折し国道333号線(遠軽国道)へ。
暗闇の峠道に挑んでいき、瀬戸瀬の集落を通り過ぎた辺りで上川17:55発の下り代行バスとすれ違いました。
直後に運転手が無線で対向車の運転手と会話。
運行状況について報告し合った後に通話を終えて、暫くすると丸瀬布の市街地に入りました。

JR北海道 国鉄 臨時列車 マキシオン スペースランナーRA ダイヤ改正
JR北海道 国鉄 臨時列車 マキシオン スペースランナーRA ダイヤ改正


丸瀬布からは高速道路の旭川紋別自動車道に乗り入れ、上川層雲峡インターチェンジまで高速運転。
高速道路を出ると、あっという間に上川駅に着きました。
到着時刻は定刻より9分早い20:01。
駅前には駅長と若い駅員が待機し、我々が降りると「20:28発の旭川行き臨時列車を運行しますのでホームにおいで下さい。改札は行いませんので、そのまま列車にお乗り下さい」と案内を始めました。
上川駅の窓口営業時間は8:00~16:35で、この時間帯は改札業務を実施しない無人駅扱いとなります。





20:28発の臨時普通列車はキハ54系1両(キハ54-506)での運行。
無人駅扱いなので1番前のドアしか開きません。
非常事態の臨時運行だから車掌の補助乗務など実施されるだろうか・・・と思っていたのですが、通常通りのワンマン運転でした。





側面のサボは定期列車でも使用される「上川⇔旭川」の表示。
かなり塗料が剥がれていますね・・・。





臨時列車は定刻通り、20:28に発車。
車内は代行バスから乗り換えた2人だけで、上川駅からの乗車はおろか、途中駅からの乗車すらありませんでした。
たった2人しか乗らないまま、21:28に終点の旭川駅に到着。
まさか、これほどまでに乗客が少ないとは・・・。
代行バスを手配しているとはいえ、特急オホーツクに比べると大幅な時間のロスになってしまいます。
その他の交通手段に乗客が流れ、苦戦を強いられている状況を目の当たりにした思いです。





さて、先述したとおりJR北海道は今日から、旭川~上川間および遠軽~網走間において臨時快速の運転を開始し、同時に代行バスのダイヤについても見直しをしています。
これに伴い私が乗車した上川20:28発の臨時列車は、利用者の少なさゆえか運行を終了しました。
改正ダイヤは概ね下記の通りで、上下3往復となっています。

【上り(旭川方面)】
網走6:13発⇒北見7:09発⇒遠軽8:12着/8:40発⇒丸瀬布9:10発⇒白滝9:35発⇒上川10:20着/10:45発⇒旭川11:53着
網走10:11発⇒北見11:14発⇒遠軽12:49着/13:30発⇒丸瀬布14:00発⇒白滝14:25発⇒上川15:10着/15:58発⇒旭川17:06着
網走13:19発⇒北見14:16発⇒遠軽15:20着/15:50発⇒丸瀬布16:20発⇒白滝16:45発⇒上川17:30着/18:53発⇒旭川20:05着

【下り(網走方面)】
①旭川7:01発⇒上川8:15着/8:35発⇒白滝9:20発⇒丸瀬布9:45発⇒遠軽10:15着/10:45発⇒北見11:50発⇒網走12:45着
旭川9:07発⇒上川10:23着/10:40発⇒白滝11:25発⇒丸瀬布11:50発⇒遠軽12:20着/13:31発⇒北見15:03発⇒網走16:10着
旭川15:03発⇒上川15:50着/16:10発⇒白滝16:55発⇒丸瀬布17:20発⇒遠軽17:50着/18:41発⇒北見19:47発⇒網走20:40着

※赤字部分が代行バス、全て瀬戸瀬駅を通過
※主要駅のみ発着時刻を記載、青字部分が臨時快速


このうち、臨時快速のダイヤは下記の通りです。

【上り9412D 網走始発・遠軽行き快速】
網走6:13発⇒女満別6:30発⇒美幌6:42発⇒北見7:09発⇒留辺蘂7:32発⇒生田原7:57発⇒遠軽8:12着

【上り9416D 網走始発・遠軽行き快速】
網走13:19発⇒女満別13:36発⇒美幌13:48発⇒北見14:16発⇒留辺蘂14:39発⇒生田原15:04発⇒遠軽15:20着

【下り9411D 遠軽始発・網走行き快速】
遠軽10:45発⇒生田原11:03発⇒留辺蘂11:30発⇒北見11:51発⇒美幌12:16発⇒女満別12:28発⇒網走12:45着

【下り9583D 旭川始発・上川行き快速】
旭川15:03発⇒上川15:50着

【下り9415D 遠軽始発・網走行き快速】
遠軽18:41発⇒生田原18:59発⇒留辺蘂19:26発⇒北見19:47発⇒美幌20:12発⇒女満別20:23発⇒網走20:40着

臨時快速の停車駅は運休中の特急オホーツクに準じています。
9月13日以前の代行輸送に比べ、旭川~網走間の移動時間が大幅に短縮されたのは本当に良かったと思います。
改正前は旭川から網走まで、午前中に到着する事は出来ませんでしたからね・・・。
特に石北本線遠軽~網走間と釧網本線網走~知床斜里間は孤立状態になっており、車両不足が続いている中でのダイヤの見直しはさぞかし大変だったでしょうね。
JR北海道の英断に敬意を表すると共に、一刻も早い復旧を切に願います。


※写真は全て2016年9月8日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by rak*a*05*4
ご苦労様です!
JR北も40億円減収との話も出てますね。それ以上に実際経費がかかるのでしょうが、現金は大事なもんですよね。
ここまで、代行バスだらけになるとほ思いもよりませんでしたが、
ここは貴重な体験ができる+JR北支援として、代行区間を乗車するのも手ではないでしょうか。代行バスも利用者が無いも同然なら、再建する気も失せるでしょう。
移動があれば地域経済にも飯代くらいは貢献できるというもんです。
やらない善意より、やる偽善。
今こそ北海道の路線を乗りましょう。
(OBいしかわ@関東支部)

No title * by 札学鉄研OB会
>OBいしかわさん

お疲れ様です!

過去に類を見ない非常事態だからこそ、復旧に向けて我々が出来る事は「乗って支える」、これに尽きると思います。
他所のブログを見ていると、乗りもせずに惨状を見ただけで「もう北海道の鉄道はダメだ」と悲観的になっている同業者が多いですね。
しかも地元・北海道在住の鉄道ファンに、そのような考えの人が多い事実が嘆かわしく感じられます。
そうではなく、自らもノリホに記入される人数に加わる事で、少しでも鉄道の存続に協力しようという心構えを大切にしたいものです。

(叡電デナ22@札幌市在住)

No title * by rak*a*05*4
そういえば名松線代行バスは(やる気ない)JR東海社員が乗車人数をカウントしていました。乗客はほとんど同業者でしたけど。
名松線は地元の執念の勝利です。
刀折れ矢が尽きたならともかく、某Y張市のように敗北主義ではいけません。
(OBいしかわ@関東支部)

No title * by 札学鉄研OB会
>OBいしかわさん

名松線の時は廃止方針に沿線自治体がNOを突きつけ、6年以上の歳月を経て復旧が叶いましたからね。
あれには私も驚いたものです。
道内自治体にもそれだけの気骨は持って頂きたいですよね。
日高本線も全線復旧は実現できないのでしょうか・・・。

(叡電デナ22@札幌市在住)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

ご苦労様です!
JR北も40億円減収との話も出てますね。それ以上に実際経費がかかるのでしょうが、現金は大事なもんですよね。
ここまで、代行バスだらけになるとほ思いもよりませんでしたが、
ここは貴重な体験ができる+JR北支援として、代行区間を乗車するのも手ではないでしょうか。代行バスも利用者が無いも同然なら、再建する気も失せるでしょう。
移動があれば地域経済にも飯代くらいは貢献できるというもんです。
やらない善意より、やる偽善。
今こそ北海道の路線を乗りましょう。
(OBいしかわ@関東支部)
2016-09-15-21:19 * rak*a*05*4 [ 編集 * 投稿 ]

No title

>OBいしかわさん

お疲れ様です!

過去に類を見ない非常事態だからこそ、復旧に向けて我々が出来る事は「乗って支える」、これに尽きると思います。
他所のブログを見ていると、乗りもせずに惨状を見ただけで「もう北海道の鉄道はダメだ」と悲観的になっている同業者が多いですね。
しかも地元・北海道在住の鉄道ファンに、そのような考えの人が多い事実が嘆かわしく感じられます。
そうではなく、自らもノリホに記入される人数に加わる事で、少しでも鉄道の存続に協力しようという心構えを大切にしたいものです。

(叡電デナ22@札幌市在住)
2016-09-15-23:56 * 札学鉄研OB会 [ 編集 * 投稿 ]

No title

そういえば名松線代行バスは(やる気ない)JR東海社員が乗車人数をカウントしていました。乗客はほとんど同業者でしたけど。
名松線は地元の執念の勝利です。
刀折れ矢が尽きたならともかく、某Y張市のように敗北主義ではいけません。
(OBいしかわ@関東支部)
2016-09-17-20:35 * rak*a*05*4 [ 編集 * 投稿 ]

No title

>OBいしかわさん

名松線の時は廃止方針に沿線自治体がNOを突きつけ、6年以上の歳月を経て復旧が叶いましたからね。
あれには私も驚いたものです。
道内自治体にもそれだけの気骨は持って頂きたいですよね。
日高本線も全線復旧は実現できないのでしょうか・・・。

(叡電デナ22@札幌市在住)
2016-09-18-19:10 * 札学鉄研OB会 [ 編集 * 投稿 ]