タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 三笠鉄道記念館での蒸気機関車S-304連結作業
2016-07-28 (Thu) 22:19

三笠鉄道記念館での蒸気機関車S-304連結作業



三笠トロッコ鉄道の新路線「アドベンチャートレイン」が開業した2016年7月23日。
鉄道記念館の開館時間に合わせ、朝9時に現地入りした私は、動態保存されているS-304(元・鐵原コークス)の連結作業に立ち会う事が出来ました。
9:12頃、西方からSLがゆっくりとした速度で後退してきました。





鉄道記念館駅2番線に入線したS-304は一旦停車。
すぐさま初老の機関助士が線路に降りて、連結器の準備を始めます。





そしてS-304は少しづつ、2両のトロッコ車両(トラ49456+トラ53095)に接近していきます。
車外で状況を確認する機関助士は、特に旗を振ったりして誘導する事はありません。
SLを運転する機関士とはアイコンタクトで意思疎通をしているようでした。

JR北海道 国鉄 JR貨物 三笠鉄道記念館 三笠鉄道村 博物館
JR北海道 国鉄 JR貨物 三笠鉄道記念館 三笠鉄道村 博物館


無事にSLとトロッコ車両が繋がりました。

JR北海道 国鉄 JR貨物 三笠鉄道記念館 三笠鉄道村 博物館
JR北海道 国鉄 JR貨物 三笠鉄道記念館 三笠鉄道村 博物館


続いて機関助士が連結器の固定を始めます。





機関士も状況を確認するため、運転室から降りてきました。





1分足らずのうちに連結作業は終了。
朝一での訪問だからこそ、見る事が出来る光景ですね。





この日は土曜日だったので、3連のSL列車は12:00~16:00に旧幌内線の短い区間を往復しました。


※写真は全て2016年7月23日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可