タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 札幌市交東豊線栄町駅に可動式ホーム柵が登場
2016-07-20 (Wed) 22:15

札幌市交東豊線栄町駅に可動式ホーム柵が登場





2016年7月18日にダイヤ改正を実施し、同時にATOによる自動運転が開始された札幌市営地下鉄東豊線。
2017年4月にワンマン化を控える同線の北端・栄町駅には遂に昨日、可動式ホーム柵がお目見えしました。
まずは1番ホームにだけ設置し、向かいの2番ホームにも今日から柵が登場しております。
東豊線9000形は4両編成で、東西線8000形と同じ18m3扉車。
ホームドアも9000形に合わせて、計12箇所ずつ設けられています。





設置したからといって、すぐにホームドアの稼動が開始される訳ではありません。
暫くは調整や動作試験を行うため、ホームドアは開け放たれたままとなります。





戸袋に掲示された貼り紙。
日本語と英語で「可動式ホーム柵は工事中のため閉まりません!ご注意ください!」との注意書きがされています。
この貼り紙がある都合上、まだホーム柵に号車表記は為されていません。
ちなみに、南北線の工事期間も似たような貼り紙を出していたのですが、そちらにはハングル表記もありました。
東西線の時は「調整中 三菱電機株式会社」とだけ書かれた貼り紙だったように記憶しています。

札幌市営地下鉄 札幌市交通局 JR北海道 東京メトロ
札幌市営地下鉄 札幌市交通局 JR北海道 東京メトロ


栄町駅のホームドアは2016年8月に供用開始となる予定です。
もう始まっているかも知れませんが東豊線乗務係の職員を対象に、東西線南郷7丁目駅の中線を利用したホームドア取扱い訓練も実施されるでしょうね。
あの駅での操作訓練は東西線乗務係、南北線乗務係も経験してきている通過儀礼です。





ほとんどの福住行きが発着する1番ホームは、ATO運転の開始に伴い停止位置が変更されているため、床面の赤いテープに準じた場所に乗車位置を設けています。
しかし、壁に掲示された乗車位置番号は従来のままで交換されておりません。
上写真ですと現行の乗車位置番号は「8」なのに(赤テープに記載あり)、看板に明記された番号は「7」。
まだ可動式ホーム柵を設置していない他の駅でもこんな状態なので、乗車位置が変更されている事に気付かず旧乗車位置に並ぶ乗客が多く見られました。
ダイヤ改正の前夜に看板の位置を変えておけよ・・・と思ってしまった訳で。





主に栄町止まりの回送列車が使用する2番ホームは、従来と同じ停止位置なので乗車位置にも変化がありません。
乗車位置を示すコの字型のタイルも向かいの1番ホームでは存在意義を失いましたが、2番ホームではしっかり活用されています。

札幌市営地下鉄 札幌市交通局 JR北海道 東京メトロ 東武鉄道 東急電鉄 西武鉄道
札幌市営地下鉄 札幌市交通局 JR北海道 東京メトロ 東武鉄道 東急電鉄 西武鉄道


可動式ホーム柵が設置されたばかりの栄町駅1番ホームに入線した9000形911号車。
停止位置付近は、ホーム柵の内側に乗務員が立てるだけのスペースを設けています。

札幌市営地下鉄 札幌市交通局 JR北海道 東京メトロ
札幌市営地下鉄 札幌市交通局 JR北海道 東京メトロ


折りしも、2番ホームにはファイターズ号の902号車が入線。
乗客を降ろした後、すぐさま奥の留置線へと回送されます。





せっかくの側面ラッピングが、ホーム柵のせいで隠れるようになってしまいました。
東京メトロ有楽町線の豊洲駅で試験設置されているようなガラス張りのホーム柵なら、設置後もラッピングを活かせたというのに・・・。
北海道日本ハムファイターズが新たな拠点球場を建設する予定とはいえ、福住駅近くの札幌ドームも引き続き使用する構えな訳で、これは勿体無い事だなあ・・・と思いますね。





留置線へと回送された後、折り返し福住行きとして1番ホームに入線。





この時の車掌さんは停車後、暫くはホームに立っていたのですが、発車時間になると乗務員室へ引っ込んで落とし窓から身を乗り出すカメノコの姿勢になりました。
JR東日本の基本動作のような動きですが、札幌市営地下鉄のツーマン運転における発車合図は知らせ灯式ではないため、どちらかというと東京臨海高速鉄道りんかい線みたいな感じです。





動き出した電車を見送る警備員。
まだ設置したてのため、当分は警備員がホームに配置されるようです。




2016年7月16日、元町駅にて

ちなみに前回記事で紹介し忘れていましたが、4日前の元町駅ホームに梯子や鉄骨、足場などの資材が置かれていました。
これらは栄町駅での可動式ホーム柵設置工事に使用されたものと思われます。
奥には梱包されたホーム柵らしき物も見えますし、南北線でホーム柵設置工事を進めていた頃の自衛隊前駅のように、元町駅が資材の安置場所として今後も活用されるかも知れません。


※写真は特記を除き全て2016年7月20日、栄町駅にて撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可