タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › キハ261系1000番台増備車の甲種輸送 2016/2/13
2016-02-13 (Sat) 22:22

キハ261系1000番台増備車の甲種輸送 2016/2/13



今日は当会会員のTJライナーさん、部外の友人であるEast愛-Dさんと共に、キハ261系1000番台の甲種回送を撮りに行きました。
今回、甲種回送されてきた8両は新潟トランシス製の新車。
2月11日にメーカーの最寄り駅である白新線黒山駅を出発し、羽越本線を経由して本日、北海道に上陸しました。
まずは函館本線北豊津~国縫間にて、薄靄の中を駆け抜ける甲種回送列車を撮影。
撮影地点の通過時刻は12:30で、牽引機はDF200形51号機でした。





2015年12月より新塗装化が開始されているキハ261系1000番台ですが、今回の増備車は8両全てが旧塗装でした。
塗装変更計画は去年9月に発表されてはおりますが、メーカーにとっては突拍子も無いイベントだった事が察せられます。
JR北海道と車両メーカーとの連携が上手くとれていないのでしょう。
とはいえ、先月に甲種回送された川崎重工製の新車は新塗装になっていましたが。

JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 山陽本線
JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 山陽本線


クルマで高速道路を走り、甲種回送を追いかけます。
次にやって来たのは室蘭本線長和駅
甲種回送列車は同駅に数分間、運転停車します。
どうやら聖籠町の工場から添乗移動してきた、新潟トランシス社員のトイレ休憩を兼ねているようです。

JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 山陽本線
JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 山陽本線


季節外れの降雨により、未舗装のホームはぬかるんで歩きづらくなっていました。
足元の泥に苦心しつつ、最後尾を撮影。
妻面を覆うブルーシートは、緑色のテープで養生されていました。

JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線
JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線


最後尾車両の側面窓に貼り出された、甲種鉄道車両輸送に関わる車票の数々。
普通車票、列車指定表示票、特殊貨物検査票です。

JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線
JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線


顔を合わせている2両の先頭車。
「HET261」のロゴも付いております。

JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線
JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線


前面ヘッドマークは「回送」を表示。

JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線
JR北海道 北海道エリア 国鉄 JR東日本 白新線 信越本線 羽越本線 津軽線 JR西日本 北陸本線


構内踏切を塞ぐキハ261系1000番台。





機関車を含む2両はホームからはみ出しております。





甲種輸送列車の編成内容は下記の通りです。

←札幌 DF200-51 + キハ260-1207 + キハ260-1323 + キハ260-1322 + キハ260-1321 + キハ260-1320 + キハ260-1107 + キロ261‐1107 + キハ261-1207 黒山→

このうち、キハ261-1107とキハ260-1107は甲種輸送の時点で連結し、ST-1107編成の2両ユニットを組んでおります。
一方、ST-1207編成を組むキハ261-1207とキハ260-1207は離れ離れ。
甲種回送の時点で基本ユニットを組成しておいた方が、札幌運転所に着いてからの車両運用に便利だと思うのですが、何か意図があるのでしょうか?





運転停車が続くうちに場所を移動し、室蘭本線稀府~黄金間へ。
撮影地点の通過時刻は14:21でした。





今回納入された新車は2016年3月26日のダイヤ改正に伴い、営業運転を開始するものと思われます。
スーパー北斗にキハ261系1000番台が投入される日は、もうすぐそこです。


※写真は全て2016年2月13日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住) JR北海道 北海道エリア

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by 富嶽601
キハ261系の先頭車は、運転台側の連結器が、カバーの形状から密着連結器だと思われます。先頭車の反対側と中間車は自動連結器です通常の編成では機関車と連結できないので写真のような変則的な編成にしているのだと思います。

No title * by 札学鉄研OB会
>富嶽601さん

なるほど、確かにカバーを外した写真を見ると連結器が違いますね。

(叡電デナ22@札幌市在住)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

キハ261系の先頭車は、運転台側の連結器が、カバーの形状から密着連結器だと思われます。先頭車の反対側と中間車は自動連結器です通常の編成では機関車と連結できないので写真のような変則的な編成にしているのだと思います。
2016-11-25-21:22 * 富嶽601 [ 編集 * 投稿 ]

No title

>富嶽601さん

なるほど、確かにカバーを外した写真を見ると連結器が違いますね。

(叡電デナ22@札幌市在住)
2016-11-27-22:11 * 札学鉄研OB会 [ 編集 * 投稿 ]