タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 根室本線新得駅 難所・狩勝峠の東端【後編】
2016-02-08 (Mon) 18:51

根室本線新得駅 難所・狩勝峠の東端【後編】



前回記事で駅舎を眺めた新得駅には、札幌~帯広・釧路間を結ぶ全ての特急(スーパーおおぞら・スーパーとかち)と、根室本線の快速狩勝・普通列車が発着します。
ホームは2面3線で、駅舎側に単式ホーム(1番線)を設け、その向かいに島式ホーム(2・3番線)を配置した複合型配線。
石勝線経由の特急列車が使用するのは1番線のみですが、快速狩勝・普通列車は上下線に関係なく1~3番線のホームを使用しております。





島式ホーム上より、単式ホームの1番線を望む。





1番線に置かれた「ウェルカムしんとく」のオブジェ。
おそらく1986年12月の駅舎改築時より、置かれているものと思われます。

JR北海道 北海道エリア 国鉄
JR北海道 北海道エリア 国鉄


1番線の有効長は20m車9両分で、ホームからはみ出した場所に下り列車の10両停止位置目標が設置されています。

JR北海道 北海道エリア 国鉄
JR北海道 北海道エリア 国鉄


2・3番線の島式ホームは、20m車8両分程度の長さかと思います。
雨除け屋根の無い南側は舗装が古く、砂利も露出しています。

JR北海道 北海道エリア 国鉄
JR北海道 北海道エリア 国鉄


島式ホーム上に設置されている、狩勝高原の名所案内図。
絵柄に時代を感じます。
サホロリゾートは新得駅の北、国道38号線(十勝国道)の狩勝峠の途中にあります。





雨除け屋根の外にある名所案内の看板。





単式ホームと島式ホームを繋ぐ跨線橋は、構内の北側(上り線方向)に設けられています。





跨線橋の手前に設置されている「のりば案内」の掲示板。
行き先を「新千歳空港・札幌方面」、「富良野・滝川方面」、「帯広・池田・釧路方面」に分け、接近列車の行き先と到着番線を点灯するものです。





2番線にだけ設置されている、古めかしい乗車口案内板。
1番から8番まであります。







3番線の向かいに広がる留置線。
国鉄末期に廃止された新得機関区の面影を感じさせます。
現在はキハ40系の留置に使用されています。





留置線に建つ車庫。


※写真は全て2015年8月4日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住) JR北海道 北海道エリア

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可