タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 北斗星引退撮影ツアー【1】 早朝の七重浜駅にて
2015-08-24 (Mon) 07:32

北斗星引退撮影ツアー【1】 早朝の七重浜駅にて



今回から8月22日にクルマ移動しつつ計9回の撮影に挑んだ、北斗星ラストランについて執筆して参ります。
我々3人は函館駅で下り急行はまなすを撮影してから(前回記事参照)、函館市内のネットカフェで3時間半ほど休憩。
5:20にチェックアウトし駐車場に出ると、小雨だったのが土砂降りになっており驚きました。
気を取り直してクルマを出し、まずはハセガワストア七重浜店で朝食を調達。





East愛-Dさんは普通のおにぎりでしたが、私とTJライナーさんは「せっかく函館に来たのだから」と名物のやきとり弁当を購入。
オーダーを受けてからカウンター内の厨房で調理されるこの弁当。
TJライナーさんは小サイズのタレ、私は中サイズの塩を注文しました。
中サイズはフタを開けると豚肉とネギを刺した串が3本、ナス・ネギ・ししとうの野菜串が1本。
「やきとり」と言いつつ鶏肉を入れないのは道南エリアの特徴ですね。
外の看板に「秘伝のかくし味 はこだてわいん」と書いていましたが、赤ワインは焼く時に吹きかけるのです。
ついでに私は漫画を読み漁って一睡もしなかったため、眠気覚ましに強強打破を買って飲みましたw
食事は撮影地までの移動中に完了。

JR北海道 北海道エリア JR貨物



最初の撮影地は江差線七重浜駅
到着時点で6時を回り、雨は大分弱まったもののどんよりと薄暗く。
既にホームの青森方には10人ほどの同業者が集まっていましたが、幸いにも撮影場所を確保できました。
6:05、五稜郭方面から上り貨物列車が入線。
牽引機はEH500形13号機でした。

JR北海道 北海道エリア JR貨物



上り貨物列車はゆるやかに減速し、停車。
単線区間のため、下り貨物列車の交代を待ちます。





6:07、下り貨物列車が出現。
牽引機はEH500形53号機でした。
JR貨物仙台総合鉄道部に69両が在籍するこれら電気機関車も、北海道新幹線開業に伴う青函トンネル内の交流25000V昇圧により、今後は北海道内に乗り入れなくなります。





6:09、上り貨物列車が発車。
直後の6:10に下り貨物列車が発車しました。





6:18、JR北海道の上り始発列車1150D(函館6:06始発・上磯行き普通列車)が入線。
キハ40-1793の単行運転です。
定刻なら6:16に七重浜駅を発車する便ですが、2分遅れの到着となりました。
この時点ですれ違う下り北斗星に遅れが生じているらしい事を察知。





6:19、1150Dは少ない乗客を乗せ、上磯に向けて走り去っていきました。
その後は何度も函館方に設置された信号を見て北斗星の接近状況を確認していましたが、一向に赤のまま。
定刻なら函館駅の到着時刻は6:35ですが、腕時計が6:30を示してもなお現れず。
6:32頃になってようやく信号が青になり、同業者は一様にカメラを構え出しました。





8007列車(上野16:20始発・札幌行き臨時寝台特急北斗星)が七重浜駅に現れたのは6:34。
牽引機はED79形20号機でした。





後追い。
七重浜駅の通過時刻からして、おそらく15分程度の遅れと推測。
撮影を終えてクルマに乗り込んだ直後、EH500形901号機の牽引による下り貨物列車が通過しました。
タイミングが良ければ試作機を撮影できたのに・・・。


七重浜駅を出た後は高速道路を走行し、次なる下り北斗星撮影地・函館本線落部~野田生間に向かいました。
次回に続きます。


※写真は全て2015年8月22日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住) JR北海道 北海道エリア

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可