タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 栗沢町の711系保存予定地 レストラン建設進む
2015-06-22 (Mon) 18:00

栗沢町の711系保存予定地 レストラン建設進む



南大夕張駅跡地での軽作業を終えた後、岩見沢市栗沢町にて建設が進められている(株)道下産地のファームレストランを見に行きました。
ここは北海道鉄道観光資源研究会の主導による「赤い電車を残そう!プロジェクト」において、711系の保存場所に指定されております。
建物は見たところ大分出来上がってきており、そろそろ内装に取り掛かろうという段階でしょう。





(株)道下産地は地元に根付く農業生産法人。
建設現場で休息中のトラクターにも会社名が明記されております。





道道30号線よりファームレストランを望む。
「READY FOR?」にて北海道鉄道観光資源研究会より頂いた報せによれば、写真奥に見える芝生の辺りに711系2両が置かれる事になるようです。




2014年8月1日、函館本線高砂駅にて撮影

保存車両については以前にも記しましたが、岩見沢運転所に留置されているS-103編成より、クハ711-103、クハ711-203の2両が抜き出されて運び込まれる事になります。
S-103編成は2ドア冷房車です。





S-103編成の近況が気になり、帰りがけに市街地の公道から岩見沢運転所の様子を眺めてきました。
周囲はすっかり草が生い茂り、なかなか赤い電車の姿を確認できる場所がありません。
一緒に留置されているS-117編成すら視認し難く、金網越しからやっとの思いで撮ったのが上の1枚。
分かりづらいですが、右が保存対象の711-103。
未だにピカピカの姿を保っております。


711系の保存展示は今夏、8月上旬に開始予定。
おそらく来月中には岩見沢運転所から搬出されるでしょうし、今後の動向に注目したいところです。


※写真は特記を除き、全て2015年6月21日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住) JR北海道 北海道エリア

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可