タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 交通ニュース(非実地活動) › 7月4日、青森~函館間で「復活 海峡号」を運転
2015-06-11 (Thu) 18:43

7月4日、青森~函館間で「復活 海峡号」を運転



JR東日本盛岡支社・秋田支社より2015年7月4日、青函トンネル経由の青森~函館間にて「復活 海峡号」を運転するとの告知がありました。
2002年12月に廃止された快速海峡のリバイバル運転で、2015年7月1日~9月30日の期間中に開催される「青森県・函館観光キャンペーン」のオープニングセレモニーと合わせて実施される予定です。
使用車両はED79形電気機関車と14系客車・・・50系客車も健在であればなお良かったんですけどね。
プレスリリースにて公開されているダイヤは下記の通りです。

 下り海峡(往路)  青森駅9:44発⇒函館駅13:02着
 上り海峡(復路)  函館駅13:38発⇒青森駅17:34着

更に往路は旧・竜飛海底駅、復路は旧・吉岡海底駅の、駅名標との記念撮影と駅スタンプの押印が出来るとの事です。
復活海峡号は全席が旅行商品としての発売で、JR東日本が発売する主な商品は下記の3点です。

 往復復活海峡号コース(日帰り)・・・青森駅発着 大人1名13,600円
 往路復活海峡号+復路特急コース(日帰り)・・・青森駅発着 大人1名11,000円
 往路復活海峡号+復路津軽海峡フェリー利用コース(1泊2日)・・・青森駅発着 大人1名19,800円

他にも首都圏発着コース等、様々なコースを用意しているとの事です。
JR東日本のプレスリリースによると、旅行商品は6月15日の14:00より「びゅうプラザ」にて一斉発売される予定。
JR北海道側も同日に発売開始になるだろうと思いきや、なんと同社HPのプレスリリース一覧に「※7/4出発の「復活海峡号」商品は、ご好評につき満席となりました。」との但し書きがされておりビックリ。
こちらは一昨日、6月9日の14:00から発売したそうです。
まさか企画元であるJR東日本よりも先に売り出すとは思いませんでした。


※写真は2014年11月22日、函館駅にて撮影 急行はまなすにも使用中のED79形と14系客車


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住) JR北海道 北海道エリア

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可