タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 関東 › 京急大鳥居駅近く、萩中公園の都電7000形7008号車
2013-06-22 (Sat) 21:11

京急大鳥居駅近く、萩中公園の都電7000形7008号車



さて、本日は京急空港線「大鳥居」駅より徒歩6分の萩中公園に行って参りました。
この公園の敷地内にある「ガラクタ公園」にて、3月より一般開放されている都電7000形7008号車が目当てだったのです。
同車は今年2月に廃車となって荒川線を離れ、過去に1本も都電の路線が存在しなかった大田区内で余生を送る事になりました。
ちなみに、大田区内で保存されている都電の車両は1両も無かった筈です。
おそらく大田区に初めて姿を現したであろう都電の車両、7008号車。
現役時代にはまず有り得なかった蒸気機関車とのツーショットは秀逸です。





荒川線のワンマン化に合わせ、元の丸みを帯びた車体の代わりに、1977年に乗せ替えた角張った新造車体。
デザインが評価され、完全新造車ではないのにも関わらず、1978年に鉄道友の会からローレル賞を受賞しました。
その後の軽快電車にも影響を与えたスタイルは、現在もなお新鮮に感じられます。
方向幕は側面・正面ともに、「萩中交通児童公園」「がらくた公園」の2種類が入れられています。
床下はイタズラや部品の盗難を防ぐため、柵で囲ってあります。





がらくた公園の開放時間帯は、車内に入る事も可能です。
運賃箱やLED案内表示器が撤去されていますが、その他は現役時代と変わりません。
降車ボタン(オージ製WS-220D)や吊り手にミラー、窓や壁のステッカー類も残されています。





運転台も現役時代の装いです。
ドアスイッチや自動放送装置もしっかり残されています。


最後に、ガラクタ公園について簡単な情報を記しておきます。
7008号車以外に2両の機関車が保存されております。
道内関係者の方々には、羽田空港から都内へ繰り出すついでに立ち寄るのもオススメですw

所在地     東京都大田区萩中3丁目26番46号
開園時間    9:00~17:00(12月29日~1月3日は閉園)
交通アクセス  京急空港線「大鳥居」駅より徒歩6分
          JR蒲田駅から京急バス「萩中経由羽田空港行き」に乗車し、「萩中公園前」バス停下車
                     徒歩1分


(文・写真:叡電デナ22)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by legend_1351
地元の者です。今日行って来ましたwww
採り上げてくれて嬉しいです。

他にも、ガラクタ公園から見て
・JRの方角には小高い丘と自然
・多摩川方には交通公園
あづましい所ですよ。ぜひ改めてお越し下さい。

それでは

No title * by 札学鉄研OB会
>legend 1351さん

確かに交通公園がありますよね。
自動車教習所ならぬ自転車教習場とでも言えるような、踏切やら信号機やら道路標識を設置したコースが用意されていて、生まれ故郷・十勝の十勝ヶ丘公園(大形花時計「ハナック」で有名)を思い出し、懐かしい気分になりましたね。
十勝ヶ丘公園の方は残念ながら、数年前に信号や標識が撤去されてしまいました。
踏切の線路までひっぺがえされるほどに徹底した撤去ぶりで、往事の面影は道路の配置だけという虚しさです。

あと、個人的に羽田近辺は鈴木博文氏の「メトロトロン・レコード」のイメージが強いですね(分かる人いるでしょうか?)。

(叡電デナ22@総武線沿線在住)

No title * by れーすい
萩中公園は以前から何度か前を通る機会があったのですが、このガラクタ公園のことは全く知りませんでした。
今日たまたま近くまで行ったので、この記事の事を思い出して少し遠回りして見てきました。

写真のとおり運転台のスイッチ類もそのままきれいに残されているのはなかなか貴重な光景のように思います。
ぜひ末永く大切に保存されるといいですね。

No title * by 札学鉄研OB会
>れーすいさん

屋外の静態保存車は得てして何かしら部品を外している車両が多いですよね。
その最たる物は放送装置で、小樽市総合博物館の展示車両でさえも放送装置が全て外されている訳ですが、この7008号車は珍しく一切の取り外しが見受けられませんでした。
このような綺麗な状態をいつまでも保ってもらいたいものです。

(叡電デナ22@総武線沿線在住)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

地元の者です。今日行って来ましたwww
採り上げてくれて嬉しいです。

他にも、ガラクタ公園から見て
・JRの方角には小高い丘と自然
・多摩川方には交通公園
あづましい所ですよ。ぜひ改めてお越し下さい。

それでは
2013-10-12-19:35 * legend_1351 [ 編集 * 投稿 ]

No title

>legend 1351さん

確かに交通公園がありますよね。
自動車教習所ならぬ自転車教習場とでも言えるような、踏切やら信号機やら道路標識を設置したコースが用意されていて、生まれ故郷・十勝の十勝ヶ丘公園(大形花時計「ハナック」で有名)を思い出し、懐かしい気分になりましたね。
十勝ヶ丘公園の方は残念ながら、数年前に信号や標識が撤去されてしまいました。
踏切の線路までひっぺがえされるほどに徹底した撤去ぶりで、往事の面影は道路の配置だけという虚しさです。

あと、個人的に羽田近辺は鈴木博文氏の「メトロトロン・レコード」のイメージが強いですね(分かる人いるでしょうか?)。

(叡電デナ22@総武線沿線在住)
2013-10-13-08:25 * 札学鉄研OB会 [ 編集 * 投稿 ]

No title

萩中公園は以前から何度か前を通る機会があったのですが、このガラクタ公園のことは全く知りませんでした。
今日たまたま近くまで行ったので、この記事の事を思い出して少し遠回りして見てきました。

写真のとおり運転台のスイッチ類もそのままきれいに残されているのはなかなか貴重な光景のように思います。
ぜひ末永く大切に保存されるといいですね。
2013-10-31-21:49 * れーすい [ 編集 * 投稿 ]

No title

>れーすいさん

屋外の静態保存車は得てして何かしら部品を外している車両が多いですよね。
その最たる物は放送装置で、小樽市総合博物館の展示車両でさえも放送装置が全て外されている訳ですが、この7008号車は珍しく一切の取り外しが見受けられませんでした。
このような綺麗な状態をいつまでも保ってもらいたいものです。

(叡電デナ22@総武線沿線在住)
2013-11-01-19:37 * 札学鉄研OB会 [ 編集 * 投稿 ]