タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 今朝の急行はまなす 青い客車と白服車掌
2015-06-06 (Sat) 07:08

今朝の急行はまなす 青い客車と白服車掌



先ほど新札幌駅で急行はまなすを撮影してきました。
ほぼ定刻通りの運行で、5:54に入線しました。
今回は青釜1両+客車9両の10連で、編成内容は下記の通りです。

←札幌 DD51-1102+スハフ14-506(8号車)スハフ14-509(7号車)オハ14-510(6号車)オハ14-507(5号車)オハ14-515(4号車)スハフ14-551(3号車)オハネ24-503(2号車)オハネ25-15(増21号車)スハネフ14-551(1号車) 函館→

※B寝台車
※指定席車
※指定席車(のびのびカーペット)
※指定席車(ドリームカー)
※自由席車





前から1両目の8号車にて、入線の列車監視に当たる車掌。
JR北海道では6月1日より夏服着用を開始し、優等列車乗務のある車掌は例年通り白い制服を着用しております。









ホームには私を含め、撮影に訪れた2人の鉄道ファンしかおりません。
早朝の静けさが漂う中、はまなすはゆっくりと停止位置まで進んでいきます。





最後尾の1号車で運転兼掌を担うベテラン車掌。
1号車以外のドアを開けてから、8号車の車掌と手を振り合図を送り合っていました。
ホームの有効長に収まっているのに、何故1号車だけドアカットするのかは不明です。





合図を送り合った後、閉扉。
車側灯の消灯を指差確認します。
青い客車と白服姿の車掌の組み合わせは、古き善き国鉄時代の面影を感じさせて良いものです。
北海道新幹線の開業と引き換えに、この光景が見られなくなる日もそう遠くないでしょうね・・・。





続いて機関車の運転士に対し、手持ちの無線で発車合図。
車掌「201列車運転士さん、こちら車掌です、どうぞ」
運転士「201列車運転士です、どうぞ」
車掌「201列車発車ァ!」





運転士「201列車発車了解!





5:55、急行はまなすは終着の札幌駅に向けて走り去っていきました。

撮影後は一旦自宅に戻って参りました。
昼頃にまた外出し、TJライナーさんや鉄研現役生、北大鉄研OBのEast愛-Dさんと共に北大祭へ行ってきます。


※写真は全て2015年6月6日、千歳線新札幌駅にて撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住) JR北海道 北海道エリア

http://images.tetsudo.com/banner/banner_88_31_2.png 鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可