タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 遂に711系引退記念ヘッドマークお披露目 285M
2015-02-17 (Tue) 07:38

遂に711系引退記念ヘッドマークお披露目 285M



昨日の深夜、285M(札幌23:22発岩見沢行き普通列車)で初めて引退記念ヘッドマークが掲出されました。
充当編成は旭川方の3両がS-113編成、小樽方の3両がS-107編成の6連。
同日朝に144Mとしてヘッドマーク無しで運行されていた組み合わせで、札幌運転所に入庫してからヘッドマークを取り付け、深夜に再び出庫した訳です。
やはり記念すべきヘッドマークの初披露を見ておきたくなり、私も札幌駅へと繰り出しました。





ヘッドマークは板ではなく、ステッカーです。
S-113編成のヘッドマークは空港ライナー風の絵柄でした。
列車愛称の代わりに記入された「さよなら711系」の文言に、改めて引退が近い事を実感させられました。





正面から撮るとハイビームを食らって画面が黒くなってしまうので、このように斜め前から撮らざるを得ませんでした。





ヘッドマークを掲出した711系を撮影しようと、札幌駅10番線には多くのファンが集まっておりました。
しかし引退時期にありがちな殺伐とした雰囲気はなく、譲り合って撮影していて和やかなムードだったと思います。





こちらは小樽方のS-107編成。





ヘッドマークはS-113編成と異なり、いしかりライナー風の物が付いておりました。





発車時刻が近づき、受話器を持って車内放送をかける車掌。





車内放送の後、ホームに出て閉扉を開始。





ドアが閉まった事が確認できたら、ホーム上の輸送主任に対し手を振って合図。





定刻より3分遅れの23:25、札幌駅を出発しました。


札幌駅で輸送主任さんにお尋ねしたところ、やはり札幌運転所に入庫した編成から順次、ヘッドマークを設置していく事になるようです。
そのため、前日に岩見沢以北を走っていたS-111編成とS-116編成は、今日もヘッドマークの無い姿を見られる事になります。
おそらくは明日、2月18日までには8本全てにヘッドマークが掲出されるのではないでしょうか。


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可