タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 交通ニュース(非実地活動) › 中央線快速・青梅線にグリーン車を導入
2015-02-06 (Fri) 20:22

中央線快速・青梅線にグリーン車を導入


2013年10月7日、中野にて
中央特快に充当されるE233系T5編成

一昨日、JR東日本の定例記者会見にて、中央線快速の通勤電車にグリーン車を導入するとの発表がありました。
同社によると、東京オリンピックが開催される2020年度までの導入を目指すとの事。
運行区間は中央本線東京~大月間ならびに、同線との直通列車を運行する青梅線立川~青梅間で、既存のE233系0番台に新たにサロ2両を増結して12連を組む予定です。
これにより10両固定編成は12連、分割編成は6両固定編成の方を延長し8連+4連に組成し直す事になります。
E233系を12連化した場合、MT比率は6:6となりT車の割合が大きくなりますが、モーターの馬力を鑑みると問題なく走行できるようです。
加えて、駅ホームの延長工事や線路・信号設備の改良も実施されます。

この話を知った時、真っ先に頭に浮かんできたのが、鉄道アナリストの川島令三氏が著書『最新 東京圏通勤電車事情大研究』(2014年/草思社)において提唱していた「中央特快にグリーン車を連結すべき」という案。
実際には中央特快のみならず、中央線快速の各列車に導入される事になった訳ですが、ある意味で今回の計画を予見していたように思えてしまいます。
なお同書全体の内容は・・・。




2014年3月16日、東京にて

計画の発表以後、賛否両論が渦巻いている中央線のグリーン車。
「確実に座れるのでラッシュ時の都心への移動が楽になる」「編成が長くなるのはありがたい」と歓迎する声がある一方で、「それより普通車を増結して混雑緩和をしてほしい」「中央ライナー・青梅ライナーさえあれば十分」と否定的な意見も見られました。
東海道線、高崎線、宇都宮線、横須賀線、総武線快速、常磐線の首都圏6路線では、予てより通勤電車のグリーン車が運行されております。

しかし、これらの中長距離路線に比べると中央線快速は混雑が激しく過密ダイヤを組んでいる上、ラッシュ時の遅延が日常茶飯事のため、批判が出るのは仕方ないと思います。
実際、東京駅の時刻表で東海道線、横須賀線、総武線快速、中央線快速を見比べると違いが明白です。
下記に朝ラッシュ時、データイム、夕ラッシュ時の一例を記します。
なお、脚注では優等列車の本数を示しております。

-----------------------------------------------------------
【東海道線 横浜・小田原方面】
08時台・・・おおむね5~10分間隔 1時間に8本発車
13時台・・・おおむね10~12分間隔 1時間に7本発車(※1)
18時台・・・おおむね4~8分間隔 1時間に10本発車(※2)

※1 うち1本は特急スーパービュー踊り子
※2 うち1本は湘南ライナー

-----------------------------------------------------------
【横須賀線 横浜・鎌倉方面】
08時台・・・おおむね3~8分間隔 1時間に12本発車※3
13時台・・・おおむね8~14分間隔 1時間に6本発車(※4
18時台・・・おおむね5~12分間隔 1時間に10本発車(※5)

※3 うち1本は成田エクスプレス
※4 うち2本は成田エクスプレス
※5 うち3本は成田エクスプレス

-----------------------------------------------------------
【総武線快速 市川・千葉方面】
08時台・・・おおむね3~7分間隔 1時間に15本発車※6
13時台・・・おおむね3~12分間隔 1時間に8本発車(※7
18時台・・・おおむね3~8分間隔 1時間に13本発車(※8)

※6 うち2本は成田エクスプレス
※7 うち2本は成田エクスプレス、1本は特急しおさい
※8 うち2本は成田エクスプレス、1本は特急しおさい

-----------------------------------------------------------
【中央線快速 新宿・八王子・甲府・松本方面】
08時台・・・おおむね1~3分間隔 1時間に28本発車
13時台・・・おおむね3~5分間隔 1時間に14本発車
18時台・・・おおむね2~5分間隔 1時間に20本発車(※9)

※9 うち1本は青梅ライナー、1本は中央ライナー

-----------------------------------------------------------


以上、4路線を比較してみると、中央線快速の列車本数が圧倒的に多い事が分かります。
これだけ本数があっても熾烈な混雑になる訳ですから、混雑緩和を望む利用客が多いのも納得でしょう。
もちろん、中には優等列車もありますが、該当する列車を差っ引いてもE233系が充当される中央線快速列車の本数は非常に多いです。
これだけ膨大な数の列車にグリーンアテンダントを乗務させるのも、相当な人件費になると思いますが、少なくともJR側は出費に見合ったハイリターンがあるものと踏んでいるようです。
実際、他路線では通勤電車のグリーン車を利用する客が多く、ラッシュを過ぎても30~50%は席が埋まるほど。
中央線快速への導入は大きな冒険になると思いますが、通勤電車の付加価値を高め、更なる客層を確保する糸口になりそうです。

蛇足ですが、私個人は今回の計画に託けて、今は無き201系にグリーン車を連結したウソ電を作るファンが現れるだろうと期待していたりしますw


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可