タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 1月31日撮影紀行【4】 苫小牧駅前バスターミナル⇒美々駅⇒札幌駅
2015-02-04 (Wed) 21:15

1月31日撮影紀行【4】 苫小牧駅前バスターミナル⇒美々駅⇒札幌駅



室蘭本線錦岡~糸井間の沿線で苫小牧市営バス5Eの廃車体を撮影してからは、クルマで苫小牧駅前に繰り出しました。
駐車場にクルマを停めて、3人で駅前バスターミナルへと歩いていると、折り良く あつまバスの西工96MC、室蘭200か・443がやって来ました。
撮影時刻は12:41。

ここでEast愛-Dさん曰く、あつまバスに入ったばかりの新型エアロスターが撮影したいとの事。
私も最近、某有名ブログで存在を知ったもので、折角の機会なので撮っておきたくなりました。
次の便がやって来るまでの間、バスターミナルで撮影をして過ごします。





長らく苫小牧に足を運ばない間に、駅前バスターミナルのすぐそばに立派なレンガ調のビルが建てられておりました。
第一印象は「ホテルか何か?」という感じだったのですが、その実態は高齢者複合施設でした。





12:46、道南バスのエアロスターM、室蘭22う・404が走ってきました。
元は苫小牧市営バスの自社発注車です。
市営時代末期には元川崎市営車(室蘭200か・398)を除いて軒並み休車状態だったエアロスターMも、民間委託後はバンバン稼動している模様です。





2段3連のテールランプも相変わらず。
この手のトラックみたいなテールランプは全国的に減りつつあるので、少しでも記録に取っておきたいものです。





その後、隣接するバス専用駐車場を見に行くと・・・キュービック4台の並びが見られました。





元市営バス車両に混じって停車していた、北海道中央バスの札幌200か・155(日野セレガ/1999年式)。
未だに見慣れない光景だなぁ・・・。





12:54、セレガは札幌行きの高速とまこまい号に充当されるべく、動き出しました。





駐車場を眺めてからはバスターミナルの出口付近へ。
こうやって老人ホームの方向を見ると、まるでバス乗り場の設置されたホテルのようで何となく高級感があります。





13:05、キュービック2台が同時に発車。
この風景、悪くないですね。
バスターミナルの建物自体は変わらないのに、見違えったようであります。





そして14:00、厚真行きに充当されるあつまバスの新型エアロスター、室蘭200か・899を撮影。
去年の12月に入ったばかりのこの新車は、ワンステップ車となっております。





899の後を追いかけるように、イオンシャトルバスのセレガ(室蘭22う・261)も走る走る。
苫小牧市営時代の塗装から表記を抜き取ったその姿は、のっぺりしていて何だか滑稽です。





その後、我々は千歳線の美々駅へと移動し、大阪行きトワイライトエクスプレスを撮影。
同じ日に往復2本のトワイライトを見る事ができました。





そして、北広島で早朝より行動を共にしたEast愛-Dさん、TJライナーさんと別れました。
East愛-Dさんはご自身のブログでも書かれておりますが、第29回北広島ふれあい雪まつりへと赴かれております。
私は北広島15:44発の手稲行き普通列車(2783M)に乗り込み、札幌へと帰還。
充当車両は721系F-2編成でした。





札幌駅では当日2度目となるカシオペアとの対面!
別にカシオペアは廃止の話が出ている訳でもないのですが、周囲は撮影する人達で賑わっておりました。
割と鉄道ファンでは無さそうな中年女性が多かった印象。





真っ青なDD51形と、他のJR北海道職員とは異なるドゴール帽を被った乗車係のツーショットは、異国情緒さえ感じます。


そして16:16、カシオペアが発車。









ホームに人が集中しているものですから、車掌の後方監視も大変そうでしたね・・・。


カシオペアを撮影した後は、麺厨房あじさい(またラーメンw)で少し早い夕飯をとり、家路に着きました。


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

Comment







管理者にだけ表示を許可