タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 関西 › 神戸三宮駅前「八坐和」で神戸牛ラーメンを味わう
2024-02-27 (Tue) 22:17

神戸三宮駅前「八坐和」で神戸牛ラーメンを味わう

神戸三宮駅前「八坐和」a01

2024年2月23日~25日の3連休中は神戸・姫路近郊に行ってきました。
半年足らずの間に3回も関西に出向いています。
元々は兵庫県内の駅を見て回るプランだったのですが、好奇心には勝てず岡山県東部(姫路から日帰りできる範囲)にも足を伸ばしてしまいました。

さて、初日は山陽電鉄の月見山駅、中八木駅、八木総合事務所(施設区・電気システム区が入居)、東二見駅、東二見車庫を周遊。
その後は阪神8000系の直通特急梅田行きに乗り込み、神戸三宮駅まで移動しました。
阪神電鉄の可動式ホーム柵は車両ドアスイッチと連動しないため、車掌は車両側の閉扉を行なった後、すぐさまホーム柵側のドアスイッチを操作します。



神戸三宮駅前「八坐和」a11

快活クラブ三宮駅西口店にチェックインしたら、荷物を置いて三宮センタープラザに繰り出しました。
西館1階の県道21号線沿いにお目当ての「神戸牛らーめん八坐和(やざわ)」があります。

同店は神戸牛専門店を展開する「吉祥吉グループ」に属するラーメン屋です。
吉祥吉は神戸市内をメインに様々な屋号で飲食店を出しており、そのうちの一つである「八坐和」はもとい三宮町2丁目3-1に本店を構える焼肉屋が使っています。
この焼肉屋から派生したのが「神戸牛らーめん八坐和」という事だそうですね。



神戸三宮駅前「八坐和」a03

店の真ん前には牛のウェイターが立ち、看板メニューの「八坐和セット」をはじめステーキ丼、サーロインステーキなどを宣伝しています。



神戸三宮駅前「八坐和」a04

「八坐和」は予てより興味のあったお店です。
満を持して入店!



神戸三宮駅前「八坐和」a05

店名の「八坐和」は矢沢永吉さんにあやかって名付けたようです。
店内の壁紙は永ちゃんまみれ。
スピーカーから流れるBGMもYAZAWAでした。



神戸三宮駅前「八坐和」a06

せっかくなので「八坐和セット」を注文。
最初に神戸牛ステーキ寿司が運ばれてきました。
肉の柔らかさ、深い味わいに感動!
ワサビを少しづつ付けて味変を楽しみます。



神戸三宮駅前「八坐和」a07

寿司を食べ終えるとタイミング良く残りの献立が揃いました。



神戸三宮駅前「八坐和」a08

こちらが一番のお目当てだった神戸牛ラーメン。
牛骨白湯の塩ラーメンですね。
なめらかな舌触りでやさしい風味のスープが大変美味。



神戸三宮駅前「八坐和」a09

こちらは神戸牛ぼっかけ。
ぼっかけは神戸市長田で生まれたとされる関西の郷土料理で、牛スジとコンニャクを醤油とみりんで甘辛く煮込んだものです。
大阪ではもっぱら「すじこん」と呼ばれていますね。
神戸のぼっかけはうどんにかけて食べる事が多く、八坐和でもラーメンや白米にかけるのを推奨しています。

そしてありがたい事に「八坐和セット」のぼっかけは、何と追加料金なしでいくらでもおかわりできるのです!
私は3回おかわりして白米に載せたり、ラーメンの味変に使ったり、ぼっかけ単独で味わったりしました。
個人的にラーメンより白米の方が相性が良いと感じました。
生姜が程好く効いて、とにかく箸が進む美味しさです!



神戸三宮駅前「八坐和」a02

食後はネカフェに戻るまでの2時間ほど、三宮センタープラザの館内を観覧しました。
しかし2時間程度では見切れないくらいディープで広大な施設ですね。
じっくり見て回ろうものなら、下手すれば3連休を丸々費やしかねないような気さえします。





茨城県出身のお笑いコンビ・カミナリがエコール真鍋社長を取材した「ボーカルfun教室三宮校」もチラッと見てきました。
このインタビュー動画が公開されてから早3ヵ月が経ったんですね。

《ブログ内関連記事リンク》


神戸市営地下鉄6000形 西神・山手線 神戸市交通局
神戸三宮駅前「八坐和」a12
JR西日本 207系 国鉄 阪急電鉄 阪神電車 阪急電車 JR神戸線 山陽本線
神戸三宮駅前「八坐和」a10

ところで三宮にはJR西日本、阪急、阪神、地下鉄西神・山手線、地下鉄海岸線、ポートライナーがそれぞれ駅を設けており、その数は6駅に上ります。
しかし駅名は「三ノ宮駅」「神戸三宮駅」「三宮駅」「三宮・花時計前駅」とバラバラで、時に混乱を招く事もあります。
海岸線の三宮・花時計前駅については、肝心の花時計がフェリーターミナル付近に移転したため、もはや駅名が形骸化しています。

今や三宮は神戸の中心部。
駅についても神戸駅を差し置いて市の代表駅と言えるほど賑わいます。
2015年には神戸市役所がJR西日本に対し、三ノ宮駅を私鉄と同じ「神戸三宮駅」に改称するよう求めましたが、結局は実現に至りませんでした。
それから9年が経ち、現在はバラバラな6駅を「一つの大きな駅」に見立てる再開発を実施中。
JRと阪神の間に新たな駅ビルを建て、更に中長距離バスのターミナルを備えた高層ビルも計画しているそうです。
ただし駅名についてはJRと私鉄で違う方が区別しやすいという声も多く、再びJRに駅名改称を求めるつもりはないといいます。


《外部リンク》


※写真11・12枚目は2024年2月24日撮影、他は全て2024年2月23日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2024-02-28

Comment







管理者にだけ表示を許可