タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 南郷18丁目駅から徒歩8分 「拉麺いそじ」が2024年2月に閉店
2024-01-28 (Sun) 16:29

南郷18丁目駅から徒歩8分 「拉麺いそじ」が2024年2月に閉店

拉麺いそじa01

2024年1月25日に悲しい報せがありました。
毎月1回は必ず通っている「拉麺いそじ」が閉店するというのです。
同店は夫婦二人三脚で18年以上に渡り営業してきたラーメン屋。
聞けばご主人が脱サラして「けやき」などの名店で修行を積み、2005年11月に独立開業したのだといいます。
お店の住所は札幌市豊平区月寒東5条18丁目8-16。
白石区との区境でもある東北通に接しており、最寄駅は札幌市営地下鉄東西線の南郷18丁目駅です。
コープさっぽろルーシー店や旧千歳線大谷地駅跡(現:白石東冒険公園)も付近にあります。

店名の「いそじ」はご主人のフルネームを略したもの。
ご両親も半世紀前に美唄でラーメン屋を営まれていたといい、それがご自身のラーメン人生のルーツだといいます。
「いそじ」は店や企業が程好く集まる住宅街にあり、リピーターに恵まれている印象です。
私自身も常連客なので、ご夫妻にはすっかり顔を覚えられていますw
ご主人は調理に追われながらも明朗快活な挨拶を欠かさず、奥さんも親切丁寧な接客をなさっています。
無化調で作る札幌ラーメンの美味しさに定評があり、早々と売り切れてしまう事もよくあります。

しかし最近は食材の値上がりや廃盤に悩まされ、土日のバイトスタッフの確保にも苦労していたそうです。
ご主人も50代後半に差し掛かって体力的な限界を感じるようになり、それこそ肩や腰の痛みが酷くて臨時休業した事もあります。
そして熟考の末、2024年2月27日を以って閉店する事となりました。


JR北海道 札幌市交通局 国鉄 JR貨物 札幌市営地下鉄東西線
拉麺いそじa02

閉店の報せに居ても立ってもいられず、11時過ぎに「いそじ」へ行ってきました。
閉店を知った人達が殺到したため行列が伸びていましたが、並んでから40分ほどしてカウンター席に着く事が出来ました。
注文したのは「辛みそ」のチャーシュートッピング。
自家製ラー油と豆板醤で辛味とコクを加えた味噌ラーメンです。
「いそじ」のスープは丸鶏、豚骨、香味野菜(ネギ・タマネギ・ニンニク等)の旨味が渾然一体となったもので、すっきりしつつもキレのある味わい。

チャーシューもまた美味しいんですよね!
固すぎず柔らかすぎず程好い歯ごたえで、噛めば噛むほど旨味を感じます。
たっぷり入ったキャベツもたまりません。



拉麺いそじa04

こちらは別の日にいただいた「辛しょうゆ」の大盛。
これぞ札幌ラーメンの醤油って感じのスープに、自家製ラー油と桜海老を浮かべています。
辛みそ以上にシャープな味わいで、桜海老のやさしい甘味が良いアクセントになっています。
ごくたまに丼の底から豆板醤の黒豆がゴロっと出てくると、何だか得した気分になりますね。



拉麺いそじa03

慣れ親しんだお店の閉店は悲しいものですが、残り1ヵ月を無事に完走していただきたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。
そして閉店前にまたお邪魔します!


※写真1・2・4枚目は2024年1月28日撮影
※写真3枚目は2022年11月27日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2024-01-28

Comment







管理者にだけ表示を許可