タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 関西 › 加太線加太駅[3] デスクリムゾンの聖地に最も近い駅
2023-12-09 (Sat) 18:08

加太線加太駅[3] デスクリムゾンの聖地に最も近い駅

加太駅a201

引き続き和歌山県は和歌山市加太1038-1(旧:海草郡加太町大字加太)にある、南海電気鉄道の加太(かだ)駅を取り上げましょう。
駅の大まかな歴史、待合室の様子については第1回で書いたとおりです。
前回に引き続き、今回も駅構内を眺めていきましょう。



加太駅a231

2014年11月1日より始まった「加太さかな線プロジェクト」の一環として、ホームのゴミ箱には鯛と青海波模様をあしらったラッピングを施しています。


南海2200系2232F 南海電鉄 南海電車 紀淡海峡
加太駅a205

加太駅a207

1番線ホームの西側には平仮名の「め」を模ったオブジェがあります。
これは2023年6月16日、加太線開業111周年を記念して設置した物です。
製作者は和歌山市内でオーダーメイド家具を手がける「ARaKoMa Furniture.」の代表・荒駒晃さん。
加太線を走る「めでたいでんしゃ」に因み、「めでたい」の「め」をデザインに使いました。



加太駅a206

オブジェの右下には「加太線開業111周年めでたい記念 1912年6月16日-2023年6月16日」との刻印も。


南海電鉄 JR西日本 近鉄難波営業局 加太軽便鉄道
加太駅a204

加太駅a203

巨大な「め」の傍には加太温泉のシーサイドホテル「加太海月」の広告看板が立っています。
加太駅から徒歩20分、淡嶋神社の隣にあります。
日中の11時~15時は日帰り入浴が可能です。



加太駅a202

加太駅a208

加太駅a213

1番線ホームの頭端は2番線との連絡通路になっています。



加太駅a210

加太駅a209

そんな連絡通路には「加太ガーデン」なる写真撮影スポットがあります。



加太駅a211

加太駅a212

加太ガーデンは駅員が手作りした庭園で、加太中学校も花壇を寄贈しました。
隅っこに置かれた壺の中ではメダカが泳いでいます。



加太駅a217

加太駅a218

加太駅a219

加太駅a215

加太駅a214

加太駅a216

2番線の様子。
2面のホームに挟まれた1番線(とはいえ乗降は1面のみで捌いている)に対し、こちらは1面としか接していません。
駅裏側には斜面が迫っています。



加太駅a220

一応は「頭端式ホーム2面2線」として扱われる加太駅のレイアウトですが、2番線については車止めがホームから大きく離れているため単式ホーム同然の装いです。



加太駅a221

2番線はホーム西端から37mほど線路が続いており、民家の手前に車止めを設置しています。
線路の左右には更地が広がり、その地面に養生シートを敷いています。



加太駅a222

車止めは1番線が第2種なのに対し、2番線は終端のレールを大きく曲げた第3種です。
手前には部分的に赤の塗料を吹き付けた木マクラギを載せています。



加太駅a223

2番線ホームの西端付近には、コンクリートブロック造りで窓の無い建屋があります。
表札が無いので断定できませんが、どうやら継電器室のようです。



加太駅a225

一旦ラッチ外に出て関連施設を見ていきましょう。
こちらは駅舎の東隣にある倉庫。
片流れ屋根のコンクリート建築です。



加太駅a224

駅舎の玄関前から倉庫を眺めた様子。
この建物をトイレと勘違いする旅客が多いらしく、玄関ドアに「お手洗いは改札内にございます」との注意書きを貼っています。



加太駅a227

加太駅a226

倉庫の更に東隣には駅員・乗務員用の宿泊所があります。



加太駅a228

1番線ホームに滑り込む2200系2232F。
列車の到着・出発時は助役が赤いフライ旗を持って立ち番に当たります。
南海電鉄の助役用制帽は鉢巻が赤くなく、一般制帽と同じ紺色の鉢巻に金線1本を付け加えています。
帽章は一般駅員の銀色に対し、助役・駅長は金色に色分けしています。



加太駅a230

ホーム上の駅名標。





加太駅から約1km西方には友ヶ島汽船の乗船場があり、紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島まで船で行く事ができます。
この航路は元々、南海電鉄の子会社・南汽観光㈱が運航していましたが、紆余曲折あって2007年3月から現法人の友ヶ島汽船㈱が運航しています。

友ヶ島は戦時中、由良要塞重砲兵連隊が5ヶ所の砲台を構えた島で、要塞の各施設が往時の姿を留めています。
中でも第三砲台跡は伝説のクソゲー「デスクリムゾン」のオープニングムービーに登場する事から、発売から30年近く経った今も聖地巡礼に訪れる好事家が見られます。
茨城県出身のお笑いコンビ・カミナリも公式YouTubeチャンネルで聖地巡礼に臨みました。


南海電車 南海2200系2201F ズームカー 22000系
加太駅a229

加太駅を利用したクリムゾナーもさぞかし多い事でしょう。
せっかくだから、俺はこの赤の電車を選ぶぜ!(赤くない)




※写真は全て2023年11月4日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2023-12-09

Comment







管理者にだけ表示を許可