タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 関西 › 【南海高野線】特急「こうや」の発着に立ち会う橋本駅助役
2023-11-15 (Wed) 20:57

【南海高野線】特急「こうや」の発着に立ち会う橋本駅助役

橋本駅での「こうや」発着(202311)a01

2023年11月3日~5日の3連休、私は大阪・和歌山へ旅行に出かけました。
最終日は早朝5時前に難波の宿を出発し、南海高野線の木造駅舎を見て回りました。
南海なんば駅から一気に山間部の上古沢駅まで移動し、そこから駅巡りをスタート。
大阪方面に引き返しながら途中下車を繰り返す途中、橋本駅で乗り換えを挟みます。
快速急行なんば行きを待っていると、一足先になんば行きの上り特急「こうや」が4番のりばに入線しました。
使用車両は1999年デビューの31000系です。
跨線橋の階段前では助役が金線1本入り制帽を被り、赤緑2色のフライ旗とダイヤグラムを持って立ち番に当たりました。
南海電車の駅助役が着用する制帽は、JRとは異なり鉢巻が赤くありません。
帽章は平社員(駅員・車掌・運転士)が銀色なのに対し、管理職(駅長・列車区長・助役)は金色としています。


南海電車 南海電気鉄道 特急こうや JR西日本 和歌山線
橋本駅での「こうや」発着(202311)a02

向かいの5番のりばには極楽橋行きの下り特急「こうや」が停車中。
使用車両は1983年デビューの30000系で、行き違いの31000系が来るまで待機していたのです。
すると助役が5番のりばに移り、出発前の列車扱いに臨みます。


助役 当務駅長 運転取扱業務 出発指示合図 駅員
橋本駅での「こうや」発着(202311)a03

ホーム前方の階段前にも助役が立っており、2人で乗降確認をします。
乗降が終了すると互いに目配せして、挙手による出発指示合図を出します。


助役 当務駅長 運転取扱業務 出発指示合図 駅員
橋本駅での「こうや」発着(202311)a04

編成最後尾の車掌は出発指示合図を確認したら閉扉操作を実施。
ドアが閉まると助役は前後の指差称呼を行ないます。



橋本駅での「こうや」発着(202311)a05

そして12:00、下り特急「こうや」が橋本駅を出発しました。
助役は「こうや」がホームを抜けきるまで列車監視を続けます。



橋本駅での「こうや」発着(202311)a06

その5分後、5番のりばに上り快速急行なんば行きが入線。
丸みを帯びたステンレス車体が美しい6300系に乗り、私は大阪方面へと移動しました。


※写真は全て2023年11月5日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2023-11-15

Comment







管理者にだけ表示を許可