タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 四国 › 土讃線阿波池田駅[2] 閉店した「ワーププラザ」が待合所に転身
2023-06-10 (Sat) 10:46

土讃線阿波池田駅[2] 閉店した「ワーププラザ」が待合所に転身

阿波池田駅a101

引き続き徳島県は三好市池田町サラダ(旧:三好郡池田町字サラダ)にある、JR四国の阿波池田(あわいけだ)駅を見ていきましょう。
駅の大まかな歴史については既に書いたとおりです。
かつては日本専売公社池田工場で製造した煙草の発送拠点であり、徳島・香川・高知・愛媛の四国4県を結ぶ要衝でもありました。
今回は駅舎の内部を見ていきましょう。


JR四国 国鉄 JR貨物 木造駅舎 待合室
阿波池田駅a102
JR四国 国鉄 JR貨物 木造駅舎 待合室
阿波池田駅a103
JR四国 国鉄 JR貨物 木造駅舎 待合室
阿波池田駅a104
JR四国 国鉄 JR貨物 木造駅舎 待合室
阿波池田駅a105

待合室の様子。
ベンチを背中合わせに置き、その上に座布団を敷いています。
天井には扇風機を備えていますが、この広い室内に1台しかありません。
三好市の夏の平均気温は6月で20.4℃、7月で24.2℃、8月で24.9℃。
高温でも28.5℃程度だといい、四国にしては涼しい土地なので扇風機1台でも十分だと判断しているのでしょう。


土讃線 徳島線 川之江線 JR四国バス
阿波池田駅a107

阿波池田駅では2021年11月8日から「みどりの券売機プラス」の稼働を開始しました。
オペレーター案内は翌12月1日から開始。
コールセンターと通話する事で全国JR線の乗車券・指定席券を購入できます。
券売機の稼働時間は5:00~23:55、オペレーター対応時間は5:30~21:00です。


出札窓口 待合室 木造駅舎 社員配置駅 有人駅 直営駅
阿波池田駅a106

駅員による出札業務は無くなり、カウンターには「きっぷの販売を終了しました」との貼り紙を出しています。


駅員 改札口 改札業務 集札 精算所 ラッチ
阿波池田駅a110

ただしフロント業務を全廃した訳ではなく、改札担当による改札・精算・旅客案内は存続しています。
改札営業時間は5:20~23:10です。
なお、阿波池田駅では改札担当が操車・連結作業を兼務しているため、どの駅員も接客制服ではなく作業服を着用しています。
男女関係なく作業服姿です。



阿波池田駅a109

改札口は幅員からして元々、ラッチを置いていたものと思われます。
現在は赤いベルとパーテーションを張り、精算所の手前のみ通行できるようにしています。
頭上の発車標は高松・岡山方面、高知・窪川方面、徳島・牟礼方面を3台に分けて設置。



阿波池田駅a112

待合室のゴミ箱はアンパンマン仕様です。
やなせたかし先生がお隣の高知県出身というのは有名な話ですね。
香北町と後免町はアンパンマンの聖地!



阿波池田駅a111

待合室の西隣は「セブンイレブンKiosk阿波池田駅店」。
JR四国の子会社・四国キヨスク㈱が2014年7月9日、セブンイレブンと業務提携を結び従来のキヨスクをリニューアルした店舗です。
四国キヨスク徳島支店が運営しており、「安宅屋羊羹」「祖谷そば」などのお土産も取り扱っています。
営業時間は6:40~20:00です。



阿波池田駅a113

セブンイレブンの反対、待合室の東隣には「阿波池田駅ワーププラザ」だった部屋があります。
前回記事で触れましたが阿波池田駅ワーププラザは2003年12月、独立部門だった「ワーププラザ阿波池田」を駅長の指揮管理下に移した旅行代理店です。
そのルーツは1968年10月1日、国鉄四国支社が当駅に配置した「旅客渉外主任」で、以来51年間に渡って旅行商品のセールスを続けてきました。
2019年9月20日の閉店から4年、電飾看板は跡形も無く撤去されています。



阿波池田駅a114

阿波池田駅a115

庇の下にある旧ワーププラザの玄関。
現在、室内は「待合所」に転用されています。
阿波池田駅は改札前と旧ワーププラザ、2ヶ所の待合室があるのです。



阿波池田駅a116

旧ワーププラザは改札前と繋がっています。
屋内の通用口を進むと、先述した「みどりの券売機プラス」の脇に出ます。



阿波池田駅a117

阿波池田駅a118

阿波池田駅a119

阿波池田駅a120

かつてカウンターと仕事机を並べていたワーププラザ。
現在はベンチとコインロッカーを備え、オーソドックスな待合室と化しました。
エアコン完備です。



阿波池田駅a124

玄関の傍にはショーケースを設置し、その中に華道の大家・池坊の生け花を飾っています。



阿波池田駅a125

こちらは生け花と一緒に飾っている掛け軸。
煌びやかな満月の中に「屋根より高い鯉のぼり」の歌詞を書いています。
「詫間勝揚」という方が筆を走らせた作品のようですが、作者の情報は調べても分かりませんでした。



阿波池田駅a121

阿波池田駅a122

コインロッカーの利用時間は5:30~23:30。
23:30~翌5:30の間は利用できません。
夜は荷物を預けっ放しにしないようご注意を。



阿波池田駅a123

こちらは「貸コインロッカー営業案内」の貼り紙。
これによると先述の四国キヨスクがグローリーサービス㈱と契約し、設置したコインロッカーのようです。
グローリーサービスは大阪に本社を置き、様々な事業者にコインロッカーや社員食堂システム、両替機などを提供している会社です。
コインロッカーについてはリース、販売、メンテナンスを手がけており、JR各社や空港などとも取引があるそうです。



阿波池田駅a126

長くなったので今回はここまで。


《ブログ内関連記事リンク》
土讃線阿波池田駅[2] 閉店した「ワーププラザ」が待合室に転身


※写真は全て2023年5月4日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2023-06-19

Comment







管理者にだけ表示を許可