タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 【苗穂工場】廃車体の解体業者「宮坂商店」のヒアブ車
2022-09-18 (Sun) 17:27

【苗穂工場】廃車体の解体業者「宮坂商店」のヒアブ車

宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a01

石狩管内は札幌市東区北6条東13丁目にある、JR北海道の苗穂工場。
当工場の組織は工場長を筆頭として総務科・工程管理科・品質管理科・技術開発科・設備保全科の計画5部門と、組立科・部品科・内燃機科の生産3部門により構成しています。
このうち生産部門の組立科は、全般検査・重要部検査のため入場した車両の解体・組立および車体の改造を担当しています。
解体作業では車体から各種部品を取り外し、それらを部品科や内燃機科が受け取って修理。
そして修理が済むと組立科で元通りに車両を組み立て、仕上げに品質管理科が出場検査を実施する流れになっています。

さて「車両の解体を担当している」と書くと、役目を終えて苗穂工場に廃車回送された車両も解体しているのだろうと思われるかも知れません。
しかし実際には廃車体の解体作業を組立科が実施する事はなく、品質管理科を通じて部外の解体業者である㈱宮坂商店に外注しています。
宮坂商店は札幌市西区発寒13条4丁目に本社を構えており、1982年の創業当初は鉄や非鉄金属を回収する小さな産廃屋でした。
それが2006年3月27日に株式会社化し、現在はJR北海道をはじめ札幌交通機械㈱、㈱ドウデン、北海道軌道施設工業㈱、㈱北海道ジェイ・アール商事、北海道クリーン・システム㈱などJR北海道グループ各社と密接な関係にあります。
他にJR貨物、㈱ジェイアール貨物・北海道物流、ジェイアールエフ商事㈱、日本電設工業㈱北海道支社とも取引があり、独立資本でありながら道内JR線の裏方を支える一員として存在感を放っています。


JR北海道 JR貨物 国鉄 苗穂車両所 車両基地 キハ40形400番台 学園都市線
宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a02

2022年9月10日、北海道鉄道技術館の開館時間に合わせて苗穂工場に行きました。
入換機関車(DE15形)によるクロハ789-101の構内入換作業を眺めた後、正門に引き返そうとしたら宮坂商店の大型トラックが進入してきました。
車種はUDトラックスのQuon(クオン)で20t超の重量に対応。
札沼線末端区間の廃止から1年以上も留置が続くキハ40系400番台を横目に、トラックは構内の奥へと徐行します。



宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a03

車体側面にもばっちり「㈱宮坂商店」と表記。
「産業廃棄物収集運搬車」とも書かれています。
そしてキャビンの後ろに注目!
このトラックはローダークレーンを搭載した「ヒアブ車」なのです。


臨時列車 ヒアブクレーン ローダークレーン 産廃処理車
宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a04

ヒアブ車は産廃回収の現場で広く使われている車両です。
「ヒアブ」(HIAB)というメーカーのクレーンを搭載している事から「ヒアブ車」と呼ばれています。
ローダークレーンの先端にはグラップル(爪)が付いており、人力での積込が困難な重量物を掴んで荷台に積み込めます。
この日、苗穂工場にやって来た宮坂商店のヒアブ車は「XS144」という形式のクレーンを搭載していました。



宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a05

宮坂商店は作業車を苗穂工場に入れる時、進路上に自社の誘導員を配置して安全に運転しています。
交差点を左折する時も誘導員の合図を受けてからハンドルを切ります。



宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a06

無事に左折したトラックは、機械加工作業場と機関車検修場に挟まれた道路を東に進みます。



宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a07

道中には「警笛鳴らせ」の標識があり、それに従って宮坂商店のドライバーもクラクションを鳴らしてから前進。
ゆっくりと進むヒアブ車の後を付いていくのは苗穂工場の検修助役です。
検修助役のヘルメットには識別線として2本の黒帯が付いており、一般検修員(車両技術主任・車両技術係・車両係)や教育担当のエキスパート職(技師・技師補)が着用する黒帯1本と見分けられるようにしています。
委託業者の対応に当たろうとしている様子を見るに、おそらくは品質管理科の助役なのでしょう。



宮坂商店(苗穂工場2022年9月)a08

ヒアブ車は突き当たりのT字路を左折しました。
制輪子作業場は品質管理科からの作業指示を受け、札幌交通機械㈱の鋳物作業員が制輪子(ブレーキシュー)を製造するセクション。
そこに何らかの産業廃棄物が溜まっており、その回収に宮坂商店が駆り出されたようですね。

宮坂商店は苗穂工場で回収した産業廃棄物を溶解し、リサイクル金属として広く販売しています。
この日、回収した廃材も何処かで生まれ変わる事でしょう。


※写真は全て2022年9月10日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2022-09-19

Comment







管理者にだけ表示を許可