タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 東北 › 古いアパートに入居した青森保線技術センター野辺地派出
2022-06-01 (Wed) 21:23

古いアパートに入居した青森保線技術センター野辺地派出

青森保線技術センター野辺地派出a01

青森県は上北郡野辺地町観音林脇。
青い森鉄道線・JR大湊線の野辺地駅から徒歩5分のこの場所に、赤茶色の外壁を持つ古びたアパートがあります。
アパートは3階建て。
階段室の左右に部屋を配置した、社宅や団地の集合住宅にありがちな構造です。



青森保線技術センター野辺地派出a05

玄関ドアにはボタン式電子錠が付いています。
ボロボロな建物には似つかわしくないセキュリティです。

そんな玄関の脇に掲げた表札には何と「青森保線技術センター野辺地派出」と書かれています!
青森保線技術センターは青森保線区を前身とするJR東日本の現業機関で、同社が2001年10月1日に開始した「設備部門におけるメンテナンス体制の再構築」によって発足しました。
この施策では従前の保線区を統廃合した上で大幅に改組。
社員の常駐箇所を極限まで削減し、施工を全面的に外注化して直轄作業を原則廃しています。

具体的には保線区の下部組織で担当区域内の軌道検査、工事計画(年間・月間)、施工管理を担当した「保線管理室」、保守用車の運転による機械保線を担当した「機械グループ」を全て廃止。
これら下部組織が担ってきた業務は一次請けの各建設会社、即ち東鉄工業㈱、仙建工業㈱、ユニオン建設㈱、第一建設工業㈱の4社に外注化しました。
そして保線技術センターは工事監理、関係各所との工事スケジュール調整、集めた検査データの分析と工事発注、請負業者を対象とした講習会・訓練などをしています。


JR東日本 国鉄 JR貨物 JR北海道 野辺地保線区 青い森鉄道線
青森保線技術センター野辺地派出a07

JR東日本の保線区は本区事務室(総務・資材・教育・設計・積算など)と保線管理室、機械グループとで業務範囲が分かれていました。
一方、保線技術センターの場合は運転関係区所(運転区・電車区など)の支区や派出のように、本所を置くに至らない業務量の地区に派出を設ける事としています。
つまり派出は本所の線路科から一部線区の業務を分担されており、両者の業務内容自体はほぼ同様という訳です。

青森保線技術センター野辺地派出については大湊線の保線を担当してきました。
2010年12月4日には東北本線八戸~青森間が第三セクターの青い森鉄道に移管されましたが、大湊線についてはJR線として飛び地的に存続したため、青森保線技術センター野辺地派出も廃止を免れています。



青森保線技術センター野辺地派出a02

つまり編集者は同営業所の「線路科」が大湊線の保線を担ってきたという立場をとっている訳です。
更に言うと本件事故が発生したのは1年前の2013年2月8日。
この事からもWikipediaの記述は間違いで、青森保線技術センター野辺地派出は大湊線営業所の廃止前から存在した事がお分かり頂けるでしょう。



青森保線技術センター野辺地派出a08

そんな野辺地派出ですが玄関ドアの貼り紙を読むと、青森市篠田1丁目にある青森保線技術センターの本所に移転した事が判明。
当該ツイートには「エリアセンターになったんじゃないか」という返信も見られますが、仮にエリアセンターだとしても担当区域の沿線に拠点が無ければおかしな話になるので、おおかた「線路○科」みたいな部門に改組されたのでしょう。
保線技術センターの中には線路の検査計画・修繕計画などを担当する部門を「線路1科」「線路2科」といったように複数設置する箇所がありますからね。
それにしても転居を知らせる大切な貼り紙が、ワープロではなく手書きと言うのが面白いw



青森保線技術センター野辺地派出a06

前回記事で書いたとおり、国鉄時代は野辺地駅の駅前東側に野辺地保線区がありました。
廃止後も保線区時代の建物は残っており、現在は下請けの軌道工事業者・㈱東部建設の野辺地作業所に転用されています。

一方、青森保線技術センター野辺地派出は小編成ゆえかきちんとした社屋が当たらず、古びたアパートに入居せざるを得なかったようです。
おおよそ鉄道会社の現業機関らしからぬ装いですが、アパートの脇には保線用の自動車を格納する車庫が残っています。
多分、この建物も昔は国鉄職員が暮らす「国鉄アパート」の一つだったんだろうなあ・・・。



青森保線技術センター野辺地派出a03

アパートの線路側は何と、板チョコのように凹凸が付いています。
元は横長だったアパートが減築され、現在の姿になった事が窺えます。



青森保線技術センター野辺地派出a04

ベランダの柵を板で覆っているのが如何にも国鉄アパートですね。
青森保線技術センター野辺地派出が退去した詳細な時期は不明。
もはや人っ子一人いないアパートが取り壊されるのも時間の問題でしょう。



青森保線技術センター野辺地派出a09

参考までに、野辺地駅周辺に点在する保線関係施設の位置関係を地図に起こしました。
訪問の際にご活用下さい。




※写真は全て2022年5月1日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2022-06-04

Comment







管理者にだけ表示を許可