タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 根室本線西和田駅 日本最東端の屯田兵村と貨車駅舎
2021-02-11 (Thu) 12:45

根室本線西和田駅 日本最東端の屯田兵村と貨車駅舎

西和田駅a01

根室管内は根室市西和田(旧:根室郡和田村字和田)にある、JR北海道の西和田(にしわだ)駅。
根室本線東釧路~根室間の通称「花咲線」に属する西和田駅は、根室の中心街から南西へ約6km離れた酪農地帯にあります。
元々、根室市は1957年8月に根室郡根室町と根室郡和田村の合併によって発足しており、以前の西和田は和田村の村域に含まれていました。


JR北海道 国鉄 花咲線 ローカル線 駅名板 西和田駅 JR貨物 駅名看板
西和田駅a08

和田村の起こりは1886年6月の事。
薩摩藩士族の和田正苗(-まさなえ)大隊長率いる屯田兵第二大隊が大隊本部(和田屯田兵本部)を設置し、これに伴い同大隊第一中隊が入植しました。
この屯田兵村は日本最東端のもので、和田大隊長の名を取って「和田屯田兵村」と称しました。
2年後の1888年には屯田兵第二大隊第ニ中隊が発足。
既に第一中隊が入植していた区画は「東和田兵村」、第二中隊が新たに入植した区画は「西和田兵村」と呼んでいます。
東和田兵村の住民構成は青森県人20戸、秋田県人34戸、山形県人22戸、新潟県人53戸、石川県人39戸、福井県人49戸、鳥取県人3戸の計220戸。
西和田兵村の住民構成は東京府人1戸、静岡県人1戸、石川県人32戸、三重県人1戸、愛知県人8戸、滋賀県人3戸、京都府人1戸、鳥取県人79戸、広島県人16戸、福岡県人78戸の計220戸。
和田屯田兵村全体では計440戸が暮らしており、何れも各府県から集められた士族でした。
翌1889年には室蘭屯田兵中隊が屯田兵第二大隊に改称しており、これと引き換えに和田村の旧第二大隊は屯田兵第四大隊へと名を改めています。



西和田駅a19

屯田兵第四大隊は根室半島の対露防衛という大役を任されてきました。
1895年3月に中央から動員令が下ると、花咲港から出征し日清戦争に参戦しました。
しかし根室は道内でもとりわけ寒冷な気候で、夏場ですら肌寒い日が続きます。
おまけに濃霧に覆われる事が多く、しかも土地が悪いため屯田兵達は開墾に悪戦苦闘。
いくら畑を耕しても農作物は思うように収穫できず、開拓した土地の多くは放棄されて荒野と化しました。
屯田兵達の中には兵役を終えるや家族と他所へ引っ越す者が多く、屯田兵第四大隊も1897年5月に北見国常呂村(現:北見市常呂町)へと移転しました。

散々な結果に終わった和田屯田兵村ですが、僅かながら当地に残った元屯田兵達は畑作から酪農に鞍替えし、100年以上が経った現在も16戸の子孫が牧場を守り続けています。
中でも大隊本部跡の近くにある「松下牧場」は、その入口に屯田兵達が植樹した「しこたん松」が健在で、眺めていると兵村の歴史が脈々と受け継がれている事を実感します。
また、地元有志が「和田屯田歴史保存会」を編成しており、和田屯田記念館を訪れる人々に屯田兵村の歴史を懇切丁寧に伝えています。
西和田駅前にある矢部牧場も和田屯田兵がルーツだそうな。


JR北海道 国鉄 花咲線 西和田駅 JR貨物 ヨ3500形車掌車 事業用貨車 貨車駅舎 無人駅
西和田駅a03

西和田駅は1920年11月、国鉄釧路本線厚床~西和田間の延伸開業に伴い一般駅として開設されました。
1921年8月には西和田~根室間の延伸を以って釧路本線が全通し、同時に現在の路線名である根室本線へと改称しています。

戦後の1962年1月には車扱貨物の取り扱いが廃止。
貨物フロント自体は存続し、宅扱貨物・小口扱貨物を受け付けてきましたが、それも1974年10月を以って廃止されています。

国鉄は1984年2月ダイヤ改正において、ヤード系集結輸送から拠点間直行輸送への一大転換を実施。
西和田駅でも小荷物フロント業務が廃止されています。
その1ヶ月後の1984年3月、西和田駅は交換設備の撤去に伴い無人駅となりました。

1987年4月の分割民営化に伴いJR北海道が継承。
現在は釧路駅を拠点駅とする釧路地区駅(担当区域:根室本線直別~根室間、釧網本線鱒浦~東釧路間)に属し、地区駅長配下の管理駅である根室駅が管轄する完全無人駅です。


JR北海道 国鉄 花咲線 西和田駅 JR貨物 ヨ3500形車掌車 事業用貨車 貨車駅舎 無人駅
西和田駅a04

現在の駅舎は1986年11月ダイヤ改正に伴い御役御免となった、ヨ3500形車掌車を転用しています。
日本最東端の屯田兵村だった和田地区に、日本最東端の貨車駅舎があるというのも面白いですね。
車体には1990年代に乳牛の白黒模様、2000年代に牧場の風景を描いていましたが、2010年代にシンプルな濃淡グリーンのツートンに塗り替えています。


JR北海道 国鉄 花咲線 西和田駅 ヨ3500形車掌車 事業用貨車 貨車駅舎 テールランプ 尾灯
西和田駅a05

北側の妻面にはテールランプが綺麗な状態で残っています。


JR北海道 国鉄 花咲線 西和田駅 ヨ3500形車掌車 事業用貨車 貨車駅舎 テールランプ 尾灯
西和田駅a06

一方、南面はテールランプの位置に正方形の板を張り付けています。
一見するとテールランプを撤去しているように見えますが・・・



西和田駅a07

・・・裏を見ると表側を塞いだだけで、ちゃんと残っている事が分かりますね。


ヨ3500形車掌車 貨車駅舎 待合室 JR北海道 国鉄 無人駅
西和田駅a09
ヨ3500形車掌車 貨車駅舎 待合室 JR北海道 国鉄 無人駅
西和田駅a10

待合室の様子。
お色直しを繰り返した外装に対し、内装は特に改装していないようで壁板のペンキ剥がれが目立ちます。


ヨ3500形車掌車 貨車駅舎 待合室 JR北海道 国鉄 無人駅
西和田駅a11
ヨ3500形車掌車 貨車駅舎 待合室 JR北海道 国鉄 無人駅
西和田駅a12

ホーム側から駅舎を眺めた様子。
北側のデッキはトイレに改造されています。


JR北海道 国鉄 花咲線 西和田駅 JR貨物 ヨ3500形車掌車 事業用貨車 貨車駅舎 無人駅
西和田駅a13

ちなみに駅舎の隣には・・・


JR北海道 国鉄 花咲線 西和田駅 JR貨物 ヨ3500形車掌車 事業用貨車 貨車駅舎 無人駅
西和田駅a14

・・・1棟のケーブルハウスが建っています。
この中に鉄道電話の通信設備が入っているんですね。


西和田駅 プラットホーム 単式ホーム 無人駅
西和田駅a15
西和田駅 プラットホーム 単式ホーム 無人駅
西和田駅a16

1面1線の単式ホーム。
全長は20m車2両分ほどの短さで、床面に細かな砂利を敷き詰めています。
1984年3月の無人化より前は相対式ホーム2面2線で、駅舎側を1番線、反対側を2番線としていました。
2番線の更に外側には1本の側線も敷かれていましたが、それらの跡地は雑草に埋もれて自然に帰りつつあります。
また、1974年10月に貨物フロント業務が廃止されるまでは、駅舎の北側(根室方)に貨物ホームを有していたのだとか。


キハ54系500番台 キハ54形500番台 釧路運輸車両所 ヨ3500形車掌車 貨車駅舎
西和田駅a17

日本最東端の貨車駅舎と並んだキハ54-516の快速はなさき。


JR北海道 国鉄 花咲線 ローカル線 駅名標 西和田駅 JR貨物
西和田駅a02

ホーム上の駅名標。



西和田駅a18

駅前には発泡スチロール大手、トーホー工業㈱の根室営業所があります。


※写真は全て2018年8月18日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-02-13

Comment







管理者にだけ表示を許可