タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 札沼線末端区間の廃止後も生き残った石狩当別保線管理室
2021-01-23 (Sat) 09:28

札沼線末端区間の廃止後も生き残った石狩当別保線管理室

石狩当別保線管理室bb10

石狩管内は石狩郡当別町錦町にある、JR北海道の石狩当別(いしかりとうべつ)駅。
駅構内の東側には札幌保線所の業務分掌機関・石狩当別保線管理室が置かれています。
同管理室は1年前に当ブログで紹介したとおり、札沼線あいの里公園~石狩太美間に位置する15.5km地点から、2020年5月を以って廃止された新十津川駅までの61kmを受け持ってきました。
保線所が担当区域内に分散配置する保線管理室の担当業務は、日常的な軌道検査とこれに伴う簡易な修繕、検査データに基づく補修工事の計画、外注工事の立会い・監督などです。
補修工事は本所の線路テーブル(線路助役を筆頭とし設計・積算・工事契約などを司る部門)が策定した工事設計に基づいて実施します。
石狩当別保線管理室では大掛かりな線路閉鎖工事を北海道軌道施設工業㈱札幌第一出張所、保守用車の運転・整備を同社札幌機械センターに発注してきました。

しかし担当区域の大半は廃止対象の札沼線末端区間(北海道医療大学~新十津川間)。
廃止後は担当区域が61kmから13.4kmに大幅縮小してしまいます。
元々、保線管理室は国鉄末期に保線支区を縮小改組したもので、助役(所長代理)を筆頭とする20名前後の係員が50~80kmの軌道管理を担当する組織です。
担当区域の目安が最短で50kmですから、それを大幅に下回る13.4kmを保守するためだけに石狩当別保線管理室を存続するとは到底思えなかった訳です。
したがって1年前は石狩当別保線管理室も、札沼線末端区間の廃止と運命を共にするだろうと予想していました。


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 学園都市線
石狩当別保線管理室bb01

しかし廃止後に現地を訪問してみると・・・


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 学園都市線
石狩当別保線管理室bb02

・・・「札幌保線所石狩当別保線管理室」の表札が撤去されていないのです!


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 
石狩当別保線管理室bb03

正門から管理室構内を眺めると、保線の現場では馴染み深いダブルキャブトラックが駐車されていますし、奥には保線係員の自家用車も停まっています。
廃止した保線支区や保線管理室の建物を、近隣で保線作業を行なう際の詰所として活用するケースは多々ありますが、そこに自家用車で乗り入れるという事は基本的にありません。
保線従事者は自所に出勤してA点呼を行なった後、社用車(トラック・ワゴン車等)に乗り込んで現場に向かう訳です。
そしてJR北海道の工務系現業機関で使用している乗用車の塗装はシルバーですから、白いクルマが社員のマイカーだという事は明白。


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 札沼北線
石狩当別保線管理室bb04

事務所棟の玄関にも表札が残っています。
という訳で、石狩当別保線管理室は札沼線末端区間の廃止後も存続している事が分かりますね。
1年前の予想が外れてしまいました。


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 札沼北線
石狩当別保線管理室bb05

でも石狩当別保線管理室を存続したのは何故でしょう?
流石に13.4kmの軌道管理だけのために存続したとは考えられません。
おそらくは札幌保線管理室が担当していた札沼線15.5km地点より南の移管を受けたのかも。
札幌保線管理室は札幌保線所の本所事務室と共に札幌市西区二十四軒3条1丁目に所在し、その担当区域には道内で最も列車本数が集中する函館本線手稲~白石間が含まれています。
走行する列車が多いほど線路にかかる負荷は大きく、各種軌道狂いが生じやすくなります。


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 札沼北線
石狩当別保線管理室bb08

おまけに札幌運転所や苗穂運転所、更には苗穂工場と3ヶ所もの車両基地の保線も担っているため、道内在来線に37ヶ所ある保線管理室の中でも特に激務である事は想像に難くありません。
そこで札沼線の軌道管理を札幌保線管理室から切り離し、石狩当別保線管理室に移管する事で存続に繋がったのではないかと考えます。
それでも札沼線桑園~北海道医療大学間の総距離が28.9kmなので、他の保線管理室に比べて担当区域が短いですけど・・・。

ちなみに札幌貨物ターミナル駅構内はJR貨物北海道保全技術センターが保線を担当しています。


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 札沼北線
石狩当別保線管理室bb09

保守用車の車庫も末端区間の廃止前と変わりません。


JR北海道 国鉄 札幌保線所石狩当別保線管理室 札幌保線区石狩当別保線支区 石狩当別駅 721系
石狩当別保線管理室bb11

石狩当別駅を出発し、石狩当別保線管理室の手前を横切る721系。


札幌保線所 職制 指揮命令系統図 総務助役 管理助役 土木助役 線路助役 技師 技師補
札幌保線所の職制・組織図a001

札幌保線所は2021年1月現在も、1本所6管理室体制で道央圏の鉄路の安全を日夜守り続けています。


※写真は全て2020年12月12日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-01-23

Comment







管理者にだけ表示を許可