タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 銭函海岸でキハ261系はまなす編成「北海道鉄道140年記念号」を撮る
2020-10-18 (Sun) 10:55

銭函海岸でキハ261系はまなす編成「北海道鉄道140年記念号」を撮る

はまなす北海道鉄道140周年記念号a01

2020年10月17日、JR北海道の多目的特急車両であるキハ261系5000番台「はまなす」がデビューしました。
はまなす編成は老朽化が進み2019年9月に引退したリゾート車両「クリスタルエクスプレス」に代わり、キハ261系1000番台をベースにしつつ新製した観光列車仕様の車両です。
ただし定期列車とのバイプレイヤーである点が従来のリゾート車両とは異なり、10月24日からは札幌6:56始発・網走行き特急「オホーツク1号」への充当を皮切りに定期運行を開始する予定です。
分かり易く言えばキハ40系「北海道の恵みシリーズ」や、キハ54系「流氷物語号」の特急列車版という訳ですね。

10月17日・18日は定期運行開始に先駆けて、団体臨時列車「北海道鉄道140周年記念号」として2日連続で運転されました。
これは来る2020年11月28日、道内初の鉄道である官営幌内鉄道手宮~札幌間(後の手宮線全区間・函館本線南小樽~札幌間)の開業140周年を迎えるため、JR北海道が記念イベントの一環として企画したツアー列車です。
ツアーは題して『北海道鉄道140年記念号で行く「炭鉄港」を巡る旅』。
近代北海道の礎となった「炭」(石炭)、「鉄」(鉄道・鉄鋼)、「港」(港湾)の各要素を通して歴史に触れる日帰り旅行です。
初日は小樽駅8:48始発→岩見沢駅10:13着/11:00発→追分駅11:34着/11:55発→室蘭駅13:23着/14:34発→札幌駅16:48終着というダイヤで運転されました。
まずは7:45から小樽駅の駅舎を見学した後、はまなす編成に乗車。
続く岩見沢駅で駅舎見学と地域物産品の特設販売、追分駅で安平町物産販売、室蘭駅で旧駅舎を見学して札幌駅に向かう行程です。


JR北海道 国鉄 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 銭函駅
はまなす北海道鉄道140周年記念号a02

この機会だし開業140周年の鉄路で撮影しようと思い、函館本線南小樽~札幌間の中から撮影場所を検討。
滅多に特急型車両が走らず、なおかつ景色の良い銭函海岸に足を運ぶ事にしました。
駅間で言うと函館本線朝里~銭函間に該当し、銭函駅から西へ徒歩7分ほどの地点でカメラを構えます。
まずは8:22、苗穂運転所から小樽駅まで回送されるキハ261系5000番台を撮影。


JR北海道 国鉄 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 銭函駅
はまなす北海道鉄道140周年記念号a03

「はまなす編成」の愛称に相応しく、浜茄子の花と同じ濃いピンク色に染まったST-5101編成。
海岸沿いのワインディングロードをひた走ります。


JR北海道 国鉄 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間
はまなす北海道鉄道140周年記念号a04
JR北海道 国鉄 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間
はまなす北海道鉄道140周年記念号a05

漁師小屋の裏を通過し、築堤の上を駆け抜けていきました。


キハ201系3連 3両編成 銭函海岸 函館本線朝里~銭函間 快速ニセコライナー
ニセコライナー(銭函海岸)a01

小樽駅の出発時刻は8:48。
銭函海岸には9:05頃に姿を見せるだろうと目星を付け、場所を変えずに待機します。
8:37、キハ201系D-104編成の3925D(蘭越6:16始発・札幌行き快速ニセコライナー)が通過しました。
1日1往復だけの希少な快速列車です。


JR北海道 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 団体臨時列車 団臨
はまなす北海道鉄道140周年記念号a06

そして9:06、「北海道鉄道140年記念号」が姿を現しました。


JR北海道 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 団体臨時列車 団臨
はまなす北海道鉄道140周年記念号a07

北西に見える小樽市街を背に、はまなす編成が岩見沢へと向かいます。


JR北海道 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 団体臨時列車 団臨
はまなす北海道鉄道140周年記念号a08

まもなく漁師小屋の裏を通過。


JR北海道 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 団体臨時列車 団臨
はまなす北海道鉄道140周年記念号a09

しかし撮影地点に雲がかかってしまい、目の前を通過するタイミングでイマイチな光線状態になってしまいました・・・。


JR北海道 キハ261系5000番台 はまなす編成 函館本線朝里~銭函間 団体臨時列車 団臨
はまなす北海道鉄道140周年記念号a10

記念号は銭函海岸の漁場を過ぎると日本海を離れ、星置・手稲の住宅街を突き進んでいきます。


銭函海岸での撮影が済んだら、追分駅まで先回りして記念号を待ち構える事にしました。
次回に続きます。


※写真は全て2020年10月17日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-10-18

Comment







管理者にだけ表示を許可