タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 「新十津川駅89周年記念祭」で駅舎の閉鎖に立ち会う[3]
2020-10-16 (Fri) 23:52

「新十津川駅89周年記念祭」で駅舎の閉鎖に立ち会う[3]

新十津川駅89周年記念祭a201

引き続き2020年10月10日、札沼線新十津川駅の駅舎見納めを兼ねて開催された「新十津川駅89周年記念祭」について書きましょう。
我々は開放されたプラットホームと線路を見て回り、待合室にも入って新十津川駅観光案内所の閉鎖を確認しました。
この後は閉幕前、13:50から開始される「駅名看板取り外し式」に立ち会う訳ですが、まだ2時間半近く空いています
ひとまず駅前広場に戻ってみると、亡き駅長犬・ララちゃんが新十津川駅に着任するきっかけとなった動物保護団体「HOKKAIDOしっぽの会」のコーナーを発見。
捨て犬や捨て猫を救うための募金箱や、しっぽの会の活動について書かれたパンフレット等を置いていました。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼北線 廃線跡 廃駅 駅長犬
新十津川駅89周年記念祭a228

ララちゃんの古巣は函館市。
元の飼い主に先立たれて函館保健所に収容されたところを、長沼町に拠点を構えるしっぽの会が保護しました。
しっぽの会に身を置いていた頃の名前は「ツララ」といい、2017年3月に同会と交流がある雨竜町の団体職員・高橋一正さんが引き取って「ララ」に改名しました。
その後は終焉が迫る新十津川駅の駅長犬として活躍しましたが、2019年には高齢により心臓が弱くなったため姿を見せる機会が大幅に減りました。
そして札沼線北海道医療大学~新十津川間の廃止から1ヶ月後の2020年6月6日、役目を終えた鉄路の後を追うように死去しています。
記念祭には制帽と制服を身に付けたララちゃん人形がお目見え。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼北線 廃線跡 廃駅
新十津川駅89周年記念祭a205-1

ララちゃん人形の隣は新十津川町観光協会の屋台。
ちょうど「しんとつかわ駅市」があった場所にテントを立てています。
金滴酒造の地酒をはじめとする新十津川町の名産品や、札沼線DVDなどを販売していました。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼線北部 廃線跡 廃駅 キハ40系400番台
新十津川駅89周年記念祭a202

キハ40系400番台をモチーフにした塗装のキッチンカーもありました。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼線北部 廃線跡 廃駅 キハ40系400番台
新十津川駅89周年記念祭a203

キッチンカーのドアには「2020.5.6. Last Run!!」と書かれたステッカーを貼っています。
当初は5月6日に予定していたラストランに合わせて出店するつもりだったのでしょう。
しかしJR北海道は新型コロナウィルス対策のため最終運行日を繰り上げ、3週間早い4月17日にラストランを実施しています。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼線北部 廃線跡 廃駅 キハ40系400番台
新十津川駅89周年記念祭a204

キッチンカーの側面下には「札シワ」の所属略号も。
「札」は国鉄札幌鉄道管理局およびJR北海道本社鉄道事業本部、「シワ」は新十津川駅を意味します。
こんな略号まで作るとは面白い・・・!


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼北線 廃線跡 廃駅 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a205

屋台やキッチンカーで食べ物を売ってはいるものの、新型コロナウィルス対策につき会場での飲食は全面禁止。
我々は「駅名看板取り外し式」が始まる前に一旦会場を離れ、新十津川物産館で昼食を採る事にしました。


JR北海道 国鉄 寺子屋愛光 札沼線末端区間 廃線跡 廃駅 廃止区間
新十津川駅89周年記念祭a206

・・・とその前に、駅前T字路の「寺子屋愛光」が気になったので様子を見る事に。
記念祭の開幕前はご覧の通り閉まっていましたが・・・


JR北海道 国鉄 寺子屋愛光 札沼線末端区間 廃線跡 廃駅 廃止区間
新十津川駅89周年記念祭a207

・・・開幕後は表に鉄道用品の販売コーナーを設けていました。
ついでに玄関には白い暖簾を出し、室内店舗も営業。


JR北海道 国鉄 寺子屋愛光 札沼線末端区間 学園都市線 側面サボ 駅名標
新十津川駅89周年記念祭a208

プレハブ小屋の外壁には札沼線の各種サボに加え、ホーロー製の駅名標が立てかけられていました。
駅名標については何故か金山駅、美幌駅、丸瀬布駅、蘭島駅、昆布駅など札沼線に属さない駅の物ばかりです。
左端に置かれた乗り換え案内板は「札沼線・千歳線・定山渓温泉方面」とあり、定山渓鉄道が健在だった頃の札幌駅で使用されていた物だと分かりますね。

それらの上に掲げた「ありがとう札沼線」の横断幕には「2020.4.27ラストラン」とありますが、これはJR北海道が2020年4月15日付で公表したプレスリリースに記載された日付ですね。
当時は新型コロナウィルス対策のため、定期列車の最終運行を2020年4月24日に繰り上げ、なおかつ2020年4月27日に沿線4町の住民だけを対象としてラストランを執り行う方針を示しました。
この横断幕もラストランの予定変更を受け、地元有志が急ごしらえで作成したのでしょう。
沿線住民のみを対象とした最終列車も白紙となり、以降は5月7日の事業廃止まで約3週間に渡って長期運休となりました。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 下徳富駅 札沼線非電化区間
新十津川駅89周年記念祭a209
JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 知来乙駅 札沼線非電化区間
新十津川駅89周年記念祭a210

プレハブ小屋の脇には国鉄時代の下徳富駅、知来乙駅の駅名標が置かれていました。


JR北海道 国鉄 寺子屋愛光 札沼線末端区間 学園都市線 側面サボ 駅名標
新十津川駅89周年記念祭a211

寺子屋の玄関には「閉店のお知らせ」と題した貼り紙がありました。
これによると2020年9月30日を以って閉店したとの事。
しかし記念祭の開催中は4時間限りの復活を遂げ、地元のご老人も集まって思い出話に花を咲かせました。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼北線 廃線跡 廃駅
新十津川駅89周年記念祭a212

新十津川駅の駅ノートを管理してきた医療法人つつじ会空知中央病院。
記念祭の開催中は同病院の駐車場が開放され、来場者が自由に駐車できるようになっていました。


JR北海道 国鉄 札沼線末端区間 札沼北線 廃線跡 廃駅
新十津川駅89周年記念祭a213

道道625号線に立つ新十津川駅の案内標識。
この案内標識が撤去される日も遠くないでしょう。



新十津川駅89周年記念祭a214

駅前をひとしきり眺めた後は、新十津川物産館に向けて市街地を北上。
途中、ピンネ農協倉庫群の第4種踏切を経由して再び車止めを眺めました。



新十津川駅89周年記念祭a215

徒歩8分ほどで新十津川物産館に到着。



新十津川駅89周年記念祭a216

2階の「レストランくじら」で昼食。
週末という事もあって結構な混み具合ですが、意外な事に記念祭を見に来た鉄道ファンらしき客は我々以外に見当たりませんでした

私はSTVのローカル番組『ブギウギ専務』で紹介された「徳富ダムカレー」を注文。
「徳富」は「とっぷ」と読み、徳富ダムは新十津川町内の徳富川に建造されたダムです。
そしてダムカレーとはダム湖に見立てて盛り付けたカレーライスの事。
北海道では徳富ダムカレーの他にも、定山渓ダムカレーや岩尾山ダムカレーなど10ヶ所のダムを模したカレーが提供されており、更には恵庭漁川ダムカレーうどんという変化球もあります
徳富ダムカレーは金滴酒造の香り高い酒粕を使ったチーズカレーで、白米で作ったダムの下には玉子が埋まっています。
その玉子に突き刺さった旗には「たまごを抜くとカレーが流れるよ!」とあり、抜けば現実のダムの如く放流できるというのです。
しかしいざ抜いてみると、これが全く流れない。
何と玉子は理外の固ゆで・・・!
温泉玉子をイメージしていたので拍子抜けしました。
でもカレー自体は美味かったので良しとしましょう!

一方、新特急なすのさんは「メガ盛りカツカレー」を注文。
これがとてつもないボリュームで、見るだけでも胸焼けしますw
新特急なすのさんも想像を絶する物量に苦心するも、何とか完食しました。


JR北海道 国鉄 木造駅舎 式典 廃線跡 廃駅 札沼線末端区間
新十津川駅89周年記念祭a217

新十津川駅に戻ったのは13:41。
ゆっくりと食事をとっている間に、駅舎前にはかなりの人だかりが出来ていました。
いよいよ記念祭のトリを飾る「駅名看板取り外し式」が執り行われます。



新十津川駅89周年記念祭a218

予定通り13:50、「駅名看板取り外し式」がスタート。
まずは駅長犬ララちゃんの飼い主である高橋一正さんに、ありがとう札沼線実行委員会から写真が進呈されました。



新十津川駅89周年記念祭a219

続いて高橋さんにララちゃんの記念品を進呈。
駅長犬を支えた飼い主に感謝の気持ちを伝えました。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a219-1
2020年10月9日撮影

そしていよいよ、駅舎の正面玄関に掲げた駅名看板が撤去されます。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a220

正面玄関前に2台の脚立が置かれました。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a221

脚立に2人の作業員が乗っかり、インパクトドライバーを使ってネジを外していきます。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a222

ものの20秒程度だったでしょうか、あっという間に駅名看板が取り外されました。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a223

駅名看板はJR北海道の社員が一旦回収。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a224

記念ヘッドマークの左手に立ち、駅名板を持つJR北海道の社員。
どうも見覚えのある顔だなあと思い、後で確認してみたら2016年10月に夕張市役所へ派遣されて話題になった方でした。
夕張市役所への派遣は石勝線夕張支線の廃止後を見据えた市内交通の施策に協力するためで、JR北海道が自治体に社員を派遣する初の事例として注目されましたね。


新十津川駅 駅名板 駅名看板 木造駅舎 正面玄関
新十津川駅89周年記念祭a229

最後に駅名看板の贈呈が執り行われました。
JR北海道本社総合企画本部地域交通改革部の高橋部長から、ありがとう札沼線実行委員会の代表者に渡されています。


札沼線末端区間廃止 記念サボ 記念ヘッドマーク ラストラン 廃線跡 廃駅
新十津川駅89周年記念祭a226

そして14:00、遂に「新十津川駅89周年記念祭」が閉幕。
駅舎もこれにて閉鎖となり、後は2021年度中に解体される事となります。
なお、駅構内の線路とプラットホームについては保存の対象となり、新十津川町役場によって「メモリアル広場」に整備される予定です。



新十津川駅89周年記念祭a227

新十津川駅からの帰り道は徒歩で。
通りかかった新十津川農業高校の農場には、生徒達が制作した駅名標が立っていました。
物置だと思って見落としてしまい、写真を撮影していないのが残念。


※写真は特記を除き2020年10月10日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-10-16

こんばんは(*^^*) * by らんちゃん
ララの写真や人形・・・(泣)。元の名前は、ツララちゃんだったのですね。

キッチンカーの札シワ表示・・・よく気づかれましたね。

「寺子屋」、9/30で閉店してたのですか!知らなかったです。そしてこの日だけ、4時間の復活だったのですね。

私も先日、くじら館に行った時、ダムカレーにしようか迷いに迷ったあげく(笑)、唐揚げ定食にしてしまったんです(スポンサーに遠慮した)。次回行けたら、必ずダムカレーに挑戦します。「しかしいざ(たまごを)抜いてみると、これが全く流れない」に、笑い。メガ盛りカツカレーは、2人以上で行って、わけわけしたいです。

新十津川駅、駅名看板も外されて、もう入れないのですね(泣)。
今度新十津川に行けたら、農業高校の駅名標と駅舎小屋も見てきたいです。

いろいろ教えて下さって、ありがとうございます。

Re: こんばんは(*^^*) * by 叡電デナ22
らんちゃんさん。

どうも、こんにちは。
ララちゃんは旧名の「ツララ」から「ラ」を抜いただけなんですね。
おそらく呼び慣れた名前に近い改名の方が良いと配慮をしたのかも知れません。

寺子屋は道新が「5月6日に営業を終えた」と報じていましたが、実際は廃駅後も営業を続けていました。
新十津川町による公園整備の計画がある一方、その完成を待たずして閉店したのは淋しいですね。

ダムカレーの玉子は予想外でしたw
メガ盛りはまさに2人分で丁度いいくらいのボリュームでしたね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

こんばんは(*^^*)

ララの写真や人形・・・(泣)。元の名前は、ツララちゃんだったのですね。

キッチンカーの札シワ表示・・・よく気づかれましたね。

「寺子屋」、9/30で閉店してたのですか!知らなかったです。そしてこの日だけ、4時間の復活だったのですね。

私も先日、くじら館に行った時、ダムカレーにしようか迷いに迷ったあげく(笑)、唐揚げ定食にしてしまったんです(スポンサーに遠慮した)。次回行けたら、必ずダムカレーに挑戦します。「しかしいざ(たまごを)抜いてみると、これが全く流れない」に、笑い。メガ盛りカツカレーは、2人以上で行って、わけわけしたいです。

新十津川駅、駅名看板も外されて、もう入れないのですね(泣)。
今度新十津川に行けたら、農業高校の駅名標と駅舎小屋も見てきたいです。

いろいろ教えて下さって、ありがとうございます。
2020-10-17-22:52 * らんちゃん [ 編集 * 投稿 ]

叡電デナ22 Re: こんばんは(*^^*)

らんちゃんさん。

どうも、こんにちは。
ララちゃんは旧名の「ツララ」から「ラ」を抜いただけなんですね。
おそらく呼び慣れた名前に近い改名の方が良いと配慮をしたのかも知れません。

寺子屋は道新が「5月6日に営業を終えた」と報じていましたが、実際は廃駅後も営業を続けていました。
新十津川町による公園整備の計画がある一方、その完成を待たずして閉店したのは淋しいですね。

ダムカレーの玉子は予想外でしたw
メガ盛りはまさに2人分で丁度いいくらいのボリュームでしたね。
2020-10-18-11:06 * 叡電デナ22 [ 編集 * 投稿 ]