タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 「新十津川駅89周年記念祭」で駅舎の閉鎖に立ち会う[1]
2020-10-11 (Sun) 12:07

「新十津川駅89周年記念祭」で駅舎の閉鎖に立ち会う[1]

新十津川駅89周年記念祭a01

中国・武漢から全世界に広まった新型コロナウィルスの流行を受け、JR北海道は廃止を目前に控える札沼線末端区間(北海道医療大学~新十津川間)のラストランを、当初予定の5月6日より20日前倒しの2020年4月17日に敢行しました。
ただし国土交通省に提出済みの廃止届では事業廃止日を2020年5月7日と申告しているため、最終運行日から廃止日までの約3週間を長期運休としています。
国土交通省が同省公式サイト「地域鉄道対策」のページで公開している、「近年廃止された鉄軌道路線 (※令和2年5月7日現在)」のPDFファイルでも札沼線末端区間の営業廃止年月日を「令和2年5月7日」と明示しています。

運休期間は信号設備や踏切が通電されたままで、北海道医療大学駅の下り出発信号機も常に赤信号を出していました。
また、廃止区間の駅舎も解放されたままだったので、ごく少数ながら各駅を訪問して別れを惜しむ鉄道ファンも見られました。

そして廃止日を迎えると共に信号設備が機能を停止。
線路閉鎖が為された上で北海道医療大学駅に車止めが新設され、同日の日中に廃止区間の駅名標が軒並み撤去されました。
駅舎もほとんどが閉鎖された訳ですが、終着の新十津川駅については引き続き観光案内所として活用されており、観光案内所の営業中は待合室に入る事が出来ました。
新十津川町役場は「終着駅の記憶と風景」を継承するべく、2023年度中までに駅構内を「メモリアル空間」に整備し、プラットホームと線路を保存する計画を立てています。
しかし駅舎については保存対象を外れ、2020年10月10日を以って閉鎖し、来る2021年度中に解体する事が決まりました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 イベント 学園都市線 札沼線末端区間
新十津川駅89周年記念祭a02

閉鎖当日の10月10日、新十津川町役場や新十津川町観光協会などで作る「ありがとう札沼線実行委員会」の主催により、「新十津川駅89周年記念祭」が開催されました。
開催時間は10:00~14:00で、駅舎との別れを惜しむ鉄道ファンや近隣住民が集まりました。
私は新特急なすのさんと共に函館本線2125M(札幌7:00始発・滝川行き普通列車)に乗って空知平野を北上。
滝川駅で北海道中央バス滝新線の9:04発に乗り換え、終点の新十津川町役場(定刻より3分遅れの9:20着)から歩いて新十津川駅に移動しました。
まだ開幕まで30分以上もありますが、駅前には入場待ちの行列が出来ています。
隣接する医療社団法人つつじ会空知中央病院の駐車場が来場者向けに開放されており、クルマも頻繁に乗り入れてきました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 イベント 札沼北線 札沼線末端区間
新十津川駅89周年記念祭a03

歩道の脇に駐車されている軽トラの荷台には、車両点検用ハンマー、改札鋏、合図灯などの鉄道用品が載っていました。


JR北海道 国鉄 札沼線北部 札沼線末端区間 廃線跡 廃止 廃駅
新十津川駅89周年記念祭a04

開幕5分前の9:55、駅構内への入場案内が開始されました。
このご時勢なので入場の際は1人ずつ順番に、入口に設置されたサーモセンサーで検温。
37.5度以上の発熱が見られた場合は入場拒否となります。
我々2人は問題なくパスし、アルコールで手指を消毒して場内に足を踏み入れました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼線北部 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a05

屋台ではオリジナルの駅弁が50食限定で販売しており、それを目当てに瞬く間に長蛇の列が現れました。
しかし我々は10時の開幕に合わせて始まる式典を見るのが最優先と、真っ直ぐ駅舎前に向かいました。
玄関の正面に特製の足元看板と、白い幕を被せたヘッドマークが置かれています。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 学園都市線 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a06

すると出し抜けに玄関引き戸が開き、待合室からご当地キャラの「とつかわこめぞー」が姿を現しました。
こめぞー君もまもなく開催される式典に立ち会います。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼北線 札沼線末端区間 木造駅舎新十津川駅89周年記念祭a07間 木造駅舎
待ちに待った10:00、「幻のヘッドマーク、サボ引き渡し式」が開始されました。
司会はJR北海道本社総合企画本部地域交通改革部の高橋部長です。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼北線 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a08

まずはJR北海道の綿貫泰之副社長が正面に出てスピーチ。
これまでの札沼線末端区間への愛顧に対する謝辞を述べました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼線北部 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a09

10:06、JR北海道から新十津川町へ鉄道用品の寄贈を執り行いました。
新十津川町の熊田義信町長も前に出ます。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼線北部 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a10

綿貫副社長が最初に渡したのは寄贈の対象となる鉄道用品の目録。
事前告知ではヘッドマークとサボを寄贈するとの事でしたが、どうやら他にも寄贈の品々があるようです。
ちなみに2020年5月に廃止された札沼線末端区間16駅のうち、新十津川町内には南下徳富駅、下徳富駅、新十津川駅の3駅が所在。
これら3駅の駅名標なども寄贈品に含まれているのかな・・・と思います。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン 側面サボ 行先サボ
新十津川駅89周年記念祭a11

続いて本来なら最終運行日となるはずだった2020年5月6日、ラストランの列車に掲出するために作られたオリジナルの側面サボを渡しました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン 側面サボ 行先サボ 記念式典
新十津川駅89周年記念祭a13
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン 側面サボ 行先サボ
新十津川駅89周年記念祭a12

ラストラン用の特製サボを掲げる綿貫副社長と熊田町長。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク トレインマーク
新十津川駅89周年記念祭a14

最後にラストラン用の特製ヘッドマークを贈呈します。
流石に手渡しできるようなサイズではないので、既に玄関前の壇上に用意していました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク
新十津川駅89周年記念祭a15
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク
新十津川駅89周年記念祭a16
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク
新十津川駅89周年記念祭a17

10:08、特製ヘッドマークの除幕が執り行われました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼線北部 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a18
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 廃線跡 廃止区間 廃駅
新十津川駅89周年記念祭a19
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼北線 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a20

除幕を終えた後は新十津川町の熊田義信町長が中央に立ってスピーチ。
町外から新十津川駅を訪問した多くの鉄道ファンに向け、感謝の気持ちを伝えました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 札沼北線 札沼線末端区間 木造駅舎
新十津川駅89周年記念祭a21
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク
新十津川駅89周年記念祭a22

そして10:14、幻のヘッドマーク、サボ引き渡し式」が終了しました。
ヘッドマークは閉幕まで駅舎前に展示されます。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク サボ
新十津川駅89周年記念祭a23
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク サボ
新十津川駅89周年記念祭a24

とつかわこめぞー君がサボを抱えて駅舎前にやって来ました。
皆一斉にカメラを構えて記念撮影。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 お別れ列車 ヘッドマーク サボ
新十津川駅89周年記念祭a25
JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 さよなら運転 ヘッドマーク サボ
新十津川駅89周年記念祭a26

こめぞー君が捌けた後、ヘッドマークの右手にテーブルが設置され、サボも一緒に展示されました。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン ヘッドマーク トレインマーク
新十津川駅89周年記念祭a28

特製ヘッドマークのイラストは札沼線末端区間の沿線である樺戸郡の風景をイメージしたもの。
ピンネシリの聳える樺戸山地から東の石狩川へ幾筋もの小川が流れ、その岸辺には水芭蕉(ミズバショウ)の花が咲き誇ります。
山と川に挟まれてややこじんまりした印象の農耕地帯を、黄緑ドアのキハ40系400番台が南北に走る光景は二度と見られません。


JR北海道 国鉄 新十津川駅89周年記念祭 ラストラン 側面サボ 行先サボ
新十津川駅89周年記念祭a27

特製サボにも水芭蕉と樺戸山地、そして奥に聳えるピンネシリが描かれています。
これらを掲げて列車が走る事は叶いませんでしたが、それでも間近に眺める事が出来たのは嬉しい限り。


サボとヘッドマークを観察した後は、開放されたプラットホームと線路を見に行きました。


※写真は全て2020年10月10日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-10-14

Comment







管理者にだけ表示を許可