タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 根室本線赤平駅[2] 公民館に入居する待合室と駅事務室
2020-10-02 (Fri) 23:15

根室本線赤平駅[2] 公民館に入居する待合室と駅事務室

赤平駅a101

引き続き空知管内は赤平市美園町1丁目にある、JR北海道の赤平(あかびら)駅を取り上げましょう。
既に述べたとおり現在の駅舎は赤平市役所が建て替え、1999年3月に落成した「赤平市交流センターみらい」という公民館になっています。
この施設は6階建てで、その管理・運営は赤平市の指定管理者であるNPO法人赤平市民活動支援センターに委託しています。
館内の大部分が市民向けの貸し出しスペースとなっており、赤平駅のスペースは1階の南西側に設けてあります。
フロア面積の1/4にも満たない狭さですが、正面玄関とはロビーを挟んで反対側なので目立ちますね。


JR北海道 JR貨物 国鉄 出札窓口 簡易委託駅 赤平市交流センターみらい
赤平駅a102
JR北海道 JR貨物 国鉄 出札窓口 待合室 赤平市交流センターみらい
赤平駅a104
JR北海道 JR貨物 国鉄 待合室 赤平市交流センターみらい 赤平炭鉱
赤平駅a105

ロビーから8段の階段を上ると待合室。
階段の最上段にはシャッターが設置されており、後述の時間帯・期間は閉められます。
室内には2台の飲料自販機と1脚のベンチがあります。



赤平駅a127

しかし直ぐそばに広々としたロビーがあるため、狭い待合室よりもそちらで列車の待ち時間を過ごす客をよく見かけます。
椅子もロビーの方が断然多いですし、テレビもあるので快適ですね。


JR北海道 JR貨物 国鉄 出札窓口 簡易委託駅 赤平市交流センターみらい
赤平駅a106

やや曲線を描いたL字配置の出札窓口。
LCD案内表示器も設置されています。


JR北海道 JR貨物 国鉄 出札窓口 簡易委託駅 赤平市交流センターみらい
赤平駅a107

赤平駅は1998年から㈱北海道ジェイ・アール・サービスネットが駅営業(出札・改札・案内)を受託する業務委託駅だったのですが、2016年3月25日を以ってJR北海道との契約を解消しました。
その後は赤平市役所が出札業務のみ受託する簡易委託駅となり、2016年3月28日から2020年現在に至るまで同市が乗車券類を販売しています。
簡易委託化後の窓口営業時間は平日7:00~14:30で、土日祝と年末年始は休業となります。
なお、年末年始について具体的な期間は明示されていませんが、赤平市交流センターみらいが毎年12月31日~1月5日の6日間を休館日に指定しているため、少なくとも同館の休館中は出札も一切ストップします。
ちなみに業務委託駅時代の窓口営業時間は平日・土曜の7:10~17:50で、日祝のみ休業としていました。


JR北海道 JR貨物 国鉄 出札窓口 簡易委託駅 赤平市交流センターみらい
赤平駅a123

出札窓口の営業時間外はブラインドが下ろされ、カウンターの上に緑色の札が置かれます。
取り扱う切符の内容は下記の通りです。

【片道乗車券】
赤平~芦別
赤平~富良野・学田
赤平~滝川
赤平~砂川・豊沼

【指定席特急券】
滝川~札幌

【自由席特急券】
滝川~50kmまで
滝川~100kmまで

【Sきっぷ】
滝川~札幌
滝川~旭川

【手書き乗車券】
赤平駅発着で、道内の各駅に対する乗車券

【手書き特急券・手書き指定料金券】
道内の特急列車(自由席・指定席)および指定料金券

【手書き定期券】
赤平駅を含む区間の通勤定期券(1・3・6ヶ月)

【手書き回数券】
赤平駅から200km以内の駅に対する回数券

同時期に簡易委託化され、なおかつ同様に自治体が受託した芦別駅に比べると、取り扱う切符はやや少なめです。


JR北海道 JR貨物 国鉄 出札窓口 簡易委託駅 赤平市交流センターみらい
赤平駅a103

改札口から待合室・ロビーを眺めた様子。


赤平駅 改札口 赤平市交流センターみらい
赤平駅a109

ホーム側から改札口を眺めた様子。
赤平駅の改札口は二重玄関になっており、屋内外を結ぶドアが正面ではなく左右に付いています。


JR北海道 JR貨物 国鉄 待合室 赤平市交流センターみらい 住友赤平炭鉱
赤平駅a124

赤平駅を利用するに当たり注意しなければならないのが、待合室は始発列車から最終列車まで終日開放されている訳ではないという点。
交流センターみらい管理係が掲示した注意書きには、夜22時に待合室を施錠する旨が記されています。
この施錠時間は同公民館の閉館時刻と同じです。
ちなみに2020年3月ダイヤ改正時点で赤平駅発着の最終列車は、下りが22:37発の2489D(滝川22:21始発・富良野行き普通列車)、上りが23:12発の2492D(富良野22:27始発・滝川行き普通列車)。
上下線とも待合室の施錠後に最終列車が入線します。


JR北海道 JR貨物 国鉄 待合室 赤平市交流センターみらい 住友赤平炭鉱
赤平駅a110

そして先述の通り、交流センターみらいが休館する年末年始期間(12月31日~1月5日)は待合室も終日閉鎖となります。
ホーム側の外壁に掲示された案内板でも、待合室の閉鎖中は駅舎西脇の通路を使用するよう表示しています。
ところで、注意書きをよく読むと通路の使用時間を「22:00~翌朝9:00」としていますよね。
待合室の貼り紙は夜間の施錠時間しか表示していませんが、実を言うと交流センターみらいは朝9時にならないと開館しないのです。
一方、出札窓口は2時間早い朝7:00にオープンする訳ですが、公民館の開館時刻を迎えるまでは正面玄関から真っ直ぐ待合室に移動できないため、通路を迂回しての入室を強いられる事になります。
何だか不便ですよね・・・。


JR北海道 JR貨物 国鉄 プラットホーム 赤平市交流センターみらい 住友赤平炭鉱
赤平駅a111

写真右脇の柵で仕切られた空間が、待合室の閉鎖中に使用する通路です。


集札箱 きっぷ受箱 切符受け箱 切符受箱 赤平駅
赤平駅a112

通路の出入口には集札箱(きっぷ受箱)があります。



赤平駅a113

館内の待合室は手前に階段を設けていますが、こちらの通路はスロープになっており段差が一切ありません。



赤平駅a114

駅舎正面から通路を眺めた様子。
「JR赤平駅 夜間・早朝 専用通路」との看板を掲げています。


国鉄型配線 単式ホーム 島式ホーム 赤平駅構内 駅舎
赤平駅a115
国鉄型配線 単式ホーム 島式ホーム 赤平駅構内 駅舎
赤平駅a116

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を組み合わせた、いわゆる国鉄型配線の駅構内。
駅舎側の単式ホームが1番線で、20m車5両分ほどの長さです。
上下とも大半の列車が1番線に入線します。
床面は大方アスファルト舗装が為されており、駅舎手前には視覚障害者誘導用ブロックも備えてあります。



赤平駅a126

駅舎の手前には洒落た外灯が設置されています。


国鉄型配線 単式ホーム 島式ホーム 赤平駅構内 駅舎
赤平駅a117
国鉄型配線 単式ホーム 島式ホーム 赤平駅構内 駅舎
赤平駅a118

向かいの島式ホームは内側から2番線、3番線です。
2番線は原則として列車交換を行う時のみ使用され、2020年3月ダイヤ改正時点では9:58発の上り3476D(富良野9:09始発・滝川行き快速)、16:41発の下り2482D(東鹿越15:12始発・滝川行き普通列車)の1日2本だけ発着します。
一方、3番線が使用される事はほとんどなく、せいぜい保守用車の留置に使われる程度のようです。
ホーム全長は20m車6両分ほどです。


赤平駅 跨線橋 プラットホーム 豊里炭鉱 北炭赤間炭鉱
赤平駅a119

単式ホームと島式ホームを繋ぐ跨線橋。
駅舎が公民館と化してから21年が経過しましたが、跨線橋は国鉄時代の姿を保ち続けています。



赤平駅a121

跨線橋の手前には雨除けの上屋があります。
これも国鉄時代の面影を残す建築物です。



赤平駅a122

3番線の外側には石炭輸送拠点を支えた何本もの貨物側線が草木に覆われています。
かつての活気を思い浮かべると共に、一抹の寂しさを憶える光景です。


赤平駅にはまだまだ見所がありますが、長くなるので今回はここまで。


※写真は全て2018年10月27日撮影
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-10-03

デナさん、こんばんは(*^^*) * by らんちゃん
赤平駅、2ヶ月ちょっと前の7/26、初めて降り立ちました(それまでは乗りながら停車のみ)。もうすでに懐かしくなっています。あっ、ここのベンチに座ってた、北の入場券買ったっけなどなど。
駅前のケーキ屋さんと、生協には立ち寄ってきましたよ・・・。

Re: デナさん、こんばんは(*^^*) * by 叡電デナ22
らんちゃんさん

どうも、こんばんは。

北の大地の入場券を購入されたんですね。
そういえば記事には書きそびれましたが、出札窓口の営業時間外は交流センターみらい管理室で販売していますね。

赤平駅前のケーキ屋というと、日高屋盛夏でしょうか?
私はまだ訪問していませんが、聞けば赤平駅がまだ「上赤平」を名乗っていた頃から営業している老舗だそうです。
調べてみると美味しそうなケーキが多いので、私も近々行ってみようと思います!

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

デナさん、こんばんは(*^^*)

赤平駅、2ヶ月ちょっと前の7/26、初めて降り立ちました(それまでは乗りながら停車のみ)。もうすでに懐かしくなっています。あっ、ここのベンチに座ってた、北の入場券買ったっけなどなど。
駅前のケーキ屋さんと、生協には立ち寄ってきましたよ・・・。
2020-10-03-23:04 * らんちゃん [ 編集 * 投稿 ]

叡電デナ22 Re: デナさん、こんばんは(*^^*)

らんちゃんさん

どうも、こんばんは。

北の大地の入場券を購入されたんですね。
そういえば記事には書きそびれましたが、出札窓口の営業時間外は交流センターみらい管理室で販売していますね。

赤平駅前のケーキ屋というと、日高屋盛夏でしょうか?
私はまだ訪問していませんが、聞けば赤平駅がまだ「上赤平」を名乗っていた頃から営業している老舗だそうです。
調べてみると美味しそうなケーキが多いので、私も近々行ってみようと思います!
2020-10-05-23:05 * 叡電デナ22 [ 編集 * 投稿 ]