タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 廃止後の札沼線石狩月形駅、駅舎がバス待合所と化す
2020-07-27 (Mon) 23:53

廃止後の札沼線石狩月形駅、駅舎がバス待合所と化す

廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a01

中国・武漢から全世界に広まった新型コロナウィルスの流行を受け、JR北海道は予てより廃止が決まっていた札沼線末端区間(北海道医療大学~新十津川間)のラストランを、当初予定より20日前倒しの2020年4月17日に敢行しました。
ただし国土交通省に提出済みの廃止届では事業廃止日を2020年5月7日と申告しているため、最終運行日から廃止日までの約3週間は長期運休となっています。

なお、一部のブログやSNSでは4月17日のラストランが終わってすぐに「札沼線が繰上げ廃止」と喧伝していましたが、この認識は大間違いですのでご注意を!
国土交通省が同省公式サイト「地域鉄道対策」のページで公開している、「近年廃止された鉄軌道路線 (※令和2年5月7日現在)」のPDFファイルでも札沼線末端区間の営業廃止年月日を「令和2年5月7日」と明示しています。
どうも鉄道ファンの中には「最終運行日=廃止日」という認識の人が少なくないようですが、鉄道路線の廃止は基本的にラストランを終えた後、日付が変わると共に廃止を迎える訳ですから、最終運行日と営業廃止日はノットイコールというのが正解です。
札沼線末端区間の場合、繰り上げたのは2020年5月6日に予定していた最終運行日であって、2020年5月7日の営業廃止日を繰り上げた訳ではありません!

運休期間は信号設備や踏切が通電されたままで、北海道医療大学駅の下り出発信号機も常に赤信号を出していました。
また、廃止区間の駅舎も解放されたままだったので、ごく少数ながら各駅を訪問して別れを惜しむ鉄道ファンも見られました。

そして廃止日を迎えると共に信号設備が機能を停止。
線路閉鎖が為された上で北海道医療大学駅に車止めが新設され、同日の日中に廃止区間の駅名標が軒並み撤去されました。
駅舎もほとんどが閉鎖された訳ですが、終着の新十津川駅については引き続き観光案内所として活用されており、観光案内所の営業中は待合室に入る事が出来ます。
新十津川駅は廃止から45日後の2020年6月20日に再訪しておりますので、現地の詳しい状況は下記リンクをご覧ください。

《ブログ内関連記事リンク》





更に廃止後79日目を数える2020年7月24日、次は石狩月形駅を再訪する事にしました。
今回もクルマを転がす事にし、まずは根室本線上芦別駅を訪問してから「新宝来軒」でガタタンラーメンを食べ、平岸駅(※赤平市の方)にも立ち寄りつつ石狩月形駅まで向かいました。
滝新橋を渡って新十津川町に入ったら、国道275号線をひたすら南下します。
眠気覚ましのBGMはルーマニアのジプシーブラスバンド、ファンファーレ・チョカルリア(Fanfare Ciocărlia)のアルバム『GILI GARABDI』。
その1曲目は映画007シリーズのテーマ曲を大胆にアレンジしたもので、演奏の途中で何度も自分達のアルバムタイトル(ギリ・ガラブディ)をシャウトするという攻め具合ですw
ここ最近はBS-TBSで毎週欠かさず007を録画・視聴していまして、7月28日からは3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーア主演作が連続放送されるので凄く楽しみですね!


JR北海道 国鉄 学園都市線 札沼線末端区間 札沼線北部 札沼線非電化区間
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a02

樺戸郡月形町字月形の石狩月形駅に到着したのは15:58。
都合よく札沼線末端区間の廃止代替バスが停車中でした。
現在の石狩月形駅は路線バスの中継地点と化しており、年季の入った木造駅舎もバス待合所として再利用されています。
代替バスは廃止1ヶ月前の2020年4月1日に運行を開始し、当別~月形間の月形当別線「とべ~る号」と、月形~浦臼間の月形浦臼線「かばと~る号」の2系統に分かれています。
なお、浦臼~新十津川間で運行される代替バスはありません。


札沼線代替バス 日野ポンチョ とべ~る号 有限会社下段モータース
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a31

正面玄関の手前で発車時刻を待つのは、㈲下段モータースの日野ポンチョ「とべ~る号」。
日野ポンチョはコミュニティバスに多く見られる小型車種で、道内では幕別町役場が十勝バスに運行を委託している札内線「さつバス」、幕別線「まくバス」の2路線でも使用されています。
下段モータースは石狩郡当別町に本社を構える会社で、貸切バス事業や当別町コミュニティバス「当別ふれあいバス」の受託運行、車検整備、板金塗装などを手がけています。
「とべ~る号」の車体には当別町のゆるキャラ「とべのすけ」と、月形町のゆるキャラ「ベルデくん」、そして浦臼町のゆるキャラ「臼子ねぇさん」が描かれています。
ナンバーは「札幌200か5403」です。


JR北海道 国鉄 学園都市線 札沼線末端区間 札沼線北部 鉄道代替バス
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a03

「とべ~る号」の後には、もう1台の代替バスが停まっています。


札沼線代替バス かばと~る号 株式会社美唄自動車学校 美自校観光バス
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a04

こちらは小型バスどころかワゴン車。
あまりクルマの車種は知らないのですが、トヨタのハイエースコミュッターみたいですね。
月形~浦臼間の「かばと~る号」に充当される車両で、こちらも沿線3自治体のゆるキャラが描かれています。
緑を基調とした寒色系のラッピングを施した「とべ~る号」に対し、「かばと~る号」はピンクを基調とした暖色系のラッピングです。

運行は美唄市に拠点を置く美自校観光バスが担当。
「美自校」とは「美唄自動車学校」の略で、自学がサイドビジネスでバス事業を手がけているのです。
それにしても美自校って札沼線末端区間の沿線に事業所を構えていないし、しかも車庫のある本社から石狩月形駅まで直線距離にして15.25kmも離れてるぜ?
もちろんまともに回送すると更に距離は伸びる訳で、最短ルートで16.6kmになってしまいます。
冬の豪雪時は余計に遅延しそうな気が・・・何れ下段モータースと美自校とで輸送の安定性に差が出てきそうです


札沼線代替バス 日野ポンチョ とべ~る号 有限会社下段モータース
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a05

16:00になると「とべ~る号」が出発しました。


札沼線代替バス かばと~る号 株式会社美唄自動車学校 美自校観光バス
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a06

それに続いて「かばと~る号」も出発。
2台の鉄道代替バスは一旦迂回して月形高校を経由した後、「お食事の店 ポポット」のある交差点で左右に離散し、廃線跡と並行する国道275号線を辿っていきます。


札沼線末端区間 学園都市線 木造駅舎 廃線跡
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a07
札沼線末端区間 学園都市線 木造駅舎 廃線跡
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a08
札沼線末端区間 学園都市線 木造駅舎 廃線跡
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a09

2台のバスを見送ったら、改めて木造駅舎を眺めます。
外観は廃線前と変わらぬ佇まいで、今にも再び列車がやって来そうな雰囲気です。


札沼線代替バス  とべ~る号 有限会社下段モータース
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a10

しかし廃止前と明確に違うのは、路線バスの乗り換え拠点となっている事。
もちろん駅舎の手前には鉄道代替バスのバス停標識も置かれています。
「とべ~る号」と「かばと~る号」でバス停標識を共有しており、南面は「とべ~る号」の表示です。


札沼線代替バス  とべ~る号 有限会社下段モータース
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a11

「とべ~る号」の正式な路線名は「月形当別線」。
バス停標識はミントグリーンを基調としており、当別町のゆるキャラ「とべのすけ」と、月形町のゆるキャラ「ベルデくん」が描かれています。
「とべのすけ」はフクロウをモチーフにしたキャラクターで、頭に被る鎧兜はかの伊達政宗と同じ三日月の前立を掲げています。
当別町は明治時代に仙台藩岩出山領の領主・伊達邦直が、大勢の家臣を引き連れて移住し開拓した土地であり、それにあやかって邦直の先祖に当たる政宗公の三日月をキャラデザに組み込んだという訳ですね
一方、「ベルデくん」は月形町の名産品である青肉メロンをモチーフにしており、ポルトガル語で「緑」を意味する「Verde」に因んで命名しています。


札沼線代替バス とべ~る号 有限会社下段モータース
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a12

月形当別線「とべ~る号」の時刻表。
バス停の名称は「月形駅」としていますが、既に鉄道は通っていない状況。
何だか国鉄バスの自動車駅を彷彿とさせます。
当駅始発のJR石狩当別駅南口行きが1日9本設定されており、夕方の2本を除きスーパーアークス当別店と東町団地を経由します。
面白い事に定期券の購入をバスの車内で受け付けており、その場合は後日現金引換えとなります。
㈲下段モータースの本社に直接行って買う事も可能です。


札沼線代替バス かばと~る号 株式会社美唄自動車学校 美自校観光バス
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a13

バス停標識の南面は「かばと~る号」の表示です。
「かばと~る」という愛称は「樺戸を通る」事に由来するのでしょう。
樺戸は石狩川右岸に位置する当別・月形・浦臼・新十津川の一帯を指す地域名です。
ちなみに漫画『ゴールデンカムイ』にも登場した樺戸集治監は月形に設置されたもので、しかもその跡地の一部に石狩月形駅が開設されたというね。


札沼線代替バス かばと~る号 株式会社美唄自動車学校 美自校観光バス
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a14

「かばと~る号」の正式な路線名は「月形浦臼線」。
バス停標識はベージュ色を基調としており、月形町のゆるキャラ「ベルデくん」と、浦臼町のゆるキャラ「臼子ねぇさん」が描かれています。
臼子ねぇさん」は浦臼町の特産品である鶴沼ワインに因んだキャラクターで、公式ツイッター曰く「永遠の32歳」らしいw
その昔、ガリガリ君が「永遠の15歳」を謳っていましたけど、32歳という微妙な年齢で「永遠の・・・」と言うのはなかなか攻めていますね。


札沼線代替バス かばと~る号 株式会社美唄自動車学校 美自校観光バス
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a15

月形浦臼線「かばと~る号」の時刻表。
「とべ~る号」と同じく停留所名を「月形駅」としていますが、浦臼駅行きの本数は更に少なく1日5本しかありません。
また、浦臼町には高校・専門学校等が一切ないため、下り便は通学輸送を前提としないダイヤを組んでいます。


ニューしのつバス 北海道中央バス バス停標識 停留所
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a16

玄関脇には新篠津村営バス(ニューしのつバス)江別月形線と、北海道中央バス月形線のバス停標識も置かれています。
これらは札沼線の廃止前から存在するものです。
ニューしのつバスは高校通学日のみの運行で、1日の運行も僅か2往復のみ!
「かばと~る号」どころじゃない貧弱ダイヤです。
一方、中央バス月形線は岩見沢ターミナル行きを毎日運行しており、平日は1日9本、土日祝は1日8本となります。



廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a17

駅舎の玄関引き戸には月形町役場の名義で、バス待合所に転用されてからの駅舎の利用案内が貼り出されています。
駅舎待合所の利用時間は6:00~18:45で、中央バス月形線の最終便出発時刻に合わせて施錠されます。

左の貼り紙は「歩行者用通路」に関する案内で、「JR北海道より駅舎敷地をお借りし、歩行者の通行が可能となりました」と書かれています。
これを読むと駅舎はJR北海道から月形町役場に払い下げられたという訳ではなく、廃止から2ヶ月半を経てもなおJR北海道に施設の保有権があるという事が分かります。


札沼線末端区間 石狩月形駅 木造駅舎 正面玄関 駅名看板 駅名板
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a18

正面玄関の頭上を見ると駅名の切り抜き看板が残っており、しかも萌黄色のJRマークさえ撤去されていません。
JRマークを敢えて残している点も、未だJR北海道の資産なのだという照査でしょうね。


待合室 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a30

バス待合所となった木造駅舎の中に入ると、待合室の中間に仕切り壁が新設されています。
仕切り壁はベニヤ板で作られており、出入口に加えて何やら意味深な窓が付いています。
窓口でも新たに作ろうとしているのか・・・?
撮影時点ではドアも窓ガラスも設置されていませんでした。


待合室 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a19
待合室 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a20

2分割後の出札窓口付近の様子。
玄関はこちら側にあります。


待合室 出札窓口 手小荷物窓口 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a21

出札窓口と手小荷物窓口。
4月17日のラストランまで駅員がいた出札窓口は、バスの発券窓口に転用される事もなくカーテンが引かれています。


待合室 出札窓口 手小荷物窓口 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a22

手小荷物窓口は「月形町掲示板」に転用されており、今後は地域情報をここに貼り出していくようです。


待合室 出札窓口 手小荷物窓口 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a23

月形町掲示板には「ありがとう札沼線」と題した大きな寄せ書きが貼られ、駅を訪問した人達が最期を迎える鉄路への思いを綴っています。


改札口
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a29

行先表示札こそ掲示されなくなったものの、改札口にはフックの付いた掲示板が残っていました。


待合室 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a24
待合室 木造駅舎
廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a25

仕切り板で分割された待合室奥の様子。
相変わらずベンチと座敷が設置されていますが、部屋の隅をよく見るとエアコンが増設されていました。
その事から月形町役場が暫く駅舎を使うつもりだと察せます。



廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a27

こちらにも「ありがとう札沼線」の寄せ書きが貼られています。



廃止2ヶ月半後の石狩月形駅a28

そして月形町役場が制作したラストラン記念のポスターも。
「ラストラン2020.5.6」とありますので、コロナ禍で最終運行日が繰り上がるよりも前に印刷された物ですね。
やはり予定通りラストランが出来なかったのは悔やまれるなあ・・・。


待合室をひとしきり眺めた後、改札口を抜けてプラットホームと歩行者用通路の様子を見る事にしました。


※写真は全て2020年7月24日撮影


スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-08-30

Comment







管理者にだけ表示を許可