タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › 北海道 › 廃止直前の石勝線夕張支線におけるキハ40系3連ピストン輸送【5】
2019-03-29 (Fri) 09:34

廃止直前の石勝線夕張支線におけるキハ40系3連ピストン輸送【5】



前3回の記事で紹介したとおり2019年3月16日のダイヤ改正に伴い、廃止間近の石勝線夕張支線では普通列車が8往復に増便されています。
改正後は原則として同じ編成が支線内を折り返し続けるピストン輸送となり、月~金(祝日を含む)は2両編成、土日は3両編成での運行です。
JR北海道の公式プレスリリースは増便した3往復分を臨時列車としています。
しかし、営業最終日まで通算16日しか残されていない都合から、運行管理上は全列車が臨時列車扱いになっており、何れも「9」を列車番号に冠しています。
下記に現行ダイヤを再掲しましょう。

【下り9263D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張6:30始発→沼ノ沢6:35発→南清水沢6:40発→清水沢6:43発→鹿ノ谷6:55発→夕張6:58終着

【上り9264D 夕張始発・新夕張行き】
夕張7:10始発→鹿ノ谷7:13発→清水沢7:21発→南清水沢7:24発→沼ノ沢7:29発→新夕張7:34終着

【下り9265D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張7:46始発→沼ノ沢7:50発→南清水沢7:56発→清水沢7:59発→鹿ノ谷8:11発→夕張8:14終着

【上り9266D 夕張始発・新夕張行き】
夕張8:28始発→鹿ノ谷8:31発→清水沢8:40発→南清水沢8:42発→沼ノ沢8:47発→新夕張8:52終着

【下り9267D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張10:07始発→沼ノ沢10:12発→南清水沢10:17発→清水沢10:21発→鹿ノ谷10:37発→夕張10:36終着

【上り9268D 夕張始発・新夕張行き】
夕張11:01始発→鹿ノ谷11:04発→清水沢11:13発→南清水沢11:16発→沼ノ沢11:21発→新夕張11:26終着

【下り9269D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張11:40始発→沼ノ沢11:44発→南清水沢11:49発→清水沢11:52発→鹿ノ谷12:04発→夕張12:07終着

【上り9270D 夕張始発・新夕張行き】
夕張12:20始発→鹿ノ谷12:23発→清水沢12:31発→南清水沢12:34発→沼ノ沢12:39発→新夕張12:43終着

【下り9271D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張13:05始発→沼ノ沢13:10発→南清水沢13:15発→清水沢13:19発→鹿ノ谷13:31発→夕張13:34終着

【上り9272D 夕張始発・新夕張行き】
夕張14:35始発→鹿ノ谷14:38発→清水沢14:47発→南清水沢14:50発→沼ノ沢14:55発→新夕張15:00終着

【下り9273D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張15:30始発→沼ノ沢15:35発→南清水沢15:40発→清水沢15:44発→鹿ノ谷15:56発→夕張15:59終着

【上り9274D 夕張始発・新夕張行き】
夕張16:16始発→鹿ノ谷16:19発→清水沢16:28発→南清水沢16:31発→沼ノ沢16:36発→新夕張16:41終着

【下り9275D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張17:00始発→沼ノ沢17:05発→南清水沢17:10発→清水沢17:14発→鹿ノ谷17:26発→夕張17:29終着

【上り9276D 夕張始発・新夕張行き】
夕張17:50始発→鹿ノ谷17:53発→清水沢18:02発→南清水沢18:05発→沼ノ沢18:10発→新夕張18:15終着

【下り9277D 新夕張始発・夕張行き】
新夕張18:36始発→沼ノ沢18:41発→南清水沢18:46発→清水沢18:50発→鹿ノ谷19:02発→夕張19:05終着

【上り9278D 夕張始発・追分行き】
夕張19:28始発→鹿ノ谷19:31発→清水沢19:40発→南清水沢19:43発→沼ノ沢19:48発→新夕張19:53着/20:00発→滝ノ上20:08発→川端20:18発→追分20:36終着

3月16日以降、夕張支線の普通列車には札幌車掌所リゾートチームの車掌が乗り込み、ワンマン運転の補助乗務を担当しています。
ツーマン運転とは異なりドア操作は運転士が担当しており、車掌は発車前にホームを監視しつつ運転士に対し客扱終了合図、すなわち「車掌スイッチを閉じ位置にせよ」を意味する車内ブザー合図2打を送っています。
新夕張駅と夕張駅の2駅では全てのドアが開きますが、途中駅では一番前のドアしか開閉しませんので利用の際はご注意ください。

なお、営業最終日の2019年3月31日は上り9278Dが室蘭本線に乗り入れ、追分~苫小牧間をノンストップで走ります。
列車番号も室蘭本線では9280Dに変更。

【上り9280D 追分発・苫小牧行き】
(※石勝線9278Dからの継続運転)追分20:44発→苫小牧21:24終着


JR北海道 国鉄 函館本線 室蘭本線 岩見沢駅 岩見沢複合駅舎開設10周年記念イベント


さて、前回は廃線を間近に控え装飾を施した南清水沢駅でヨンマル3連を撮影した後、列車を乗り継いで岩見沢駅まで移動してきたのでした。
一旦夕張支線から話が逸れてしまいますが、後で3月17日の全区間1往復の模様を書き記しますのでご了承ください。





岩見沢まで移動したのは前回に触れた通り、OB会関係者で集まって「岩見沢複合駅舎開設10周年記念イベント」の開会式・トークセッションを見るためです。
先代となる3代目駅舎はギャンブレル屋根と三角屋根を組み合わせた木造建築でしたが、2000年12月に発生した漏電による火災により焼失しました。
暫くはプレハブの仮駅舎での営業を余儀なくされ、2007年6月に4代目となる現駅舎(岩見沢複合駅舎)が開業しています。
複合駅舎は鉄道駅としては全国初となる建築デザインコンペで提案されたデザインを起用し、「ひとつのレンガがまちをつくる」というコンセプトによる刻印レンガ等の市民参画の取り組みが評価され、2009年度グッドデザイン賞を受賞しています。
記念イベントは2日間の開催で、初日となる3月16日に現地入りしたOB会員はOBいしかわさん、OBカトウさん、Mさん、新特急なすのさん、私(叡電デナ22)の計6名。
更に今月で札幌学院大学を卒業し、OB会に加入するトワイライトエクスプレス君も来ていました。
このイベントには当会会員のOBカトウさん、TJライナーさんも関わっており、2日目の3月17日に開催された鉄道模型展示の設営をされています。





駅舎内のセンターホールにて15時から開会式が始まりました。
まずは岩見沢市の松野哲市長が登壇し、複合駅舎の建設から現在に至るまでの歩みを語りました。





続いて岩見沢駅の海原駅長が登壇。
海原駅長は本社勤務を経験し、更に5駅の駅長を歴任されたというエリートです。
岩見沢駅が火災に遭った2000年12月当時は本社に勤めており、オフィスで駅舎全焼の報告を受けたのだとか。





最後に岩見沢市観光協会の仁志正樹会長が登壇。
複合駅舎を活用した各種イベントを紹介していました。





開会式が終わると、複合駅舎を設計した建築家・西村浩さんと、著名な鉄道写真家・中井精也さんによるトークセッションが開始。
駅舎のデザインに関する拘りや様々なエピソードが披露されました。
更に17:10開始のトークショーでは中井精也さんがご自身のライフワークである「ゆる鉄」を取り上げ、「鉄道写真の表現はかっこよく列車を撮るだけじゃない」というお話を展開しました。
中井さんはスライドショーで過去の写真の数々を披露し、中には名寄本線や標津線など、廃止されて久しい北海道の鉄路の風景も見られました。

トークショーが終わった後は鉄研関係者で飲み会へ。
新特急なすのさんは都合により帰宅され、入れ替わりに仕事を終えてきたTJライナーさんと、Kさん夫妻が岩見沢入り。
TJライナーさんは運営サイドのためOBカトウさんに呼び止められ、翌日に開催する鉄道模型展示の設営作業に入りました。

今回の飲み会は特に予約を入れておらず、岩見沢駅前の商店街を歩いて飲み場所を探す事に。
参加者はOBいしかわさん、Kさん夫妻、Mさん、私(叡電デナ22)、トワイライトエクスプレス君の計6名。
「とりあえずここにするか」と入店したのはアーケードの軒下にあるホルモン焼き屋、「ことうのホルモン」でした。
これが大当たりで何を食べても美味しいお店です!
特にキムチ味の豚ホルモンが格別で、ピリリと辛い下味とニンニクの効いた醤油ダレのコンボは素晴らしかった。
飲みの席での話題はアイスホッケー、日本製紙、野球など鉄道とは直接関係ない話題が多め。
鉄道の話になると北海道新幹線の批判が展開されました。
当OB会は北海道新幹線に対して懐疑的・批判的な会員が多く、この日の参加者も6名中5名が札幌延伸反対派という様相でした。
何しろ開業から3年の間に乗客が減少し続け、赤字を計上していますからね。
アルコールが入っている事もあり、OB会員からは「在来線への皺寄せが余計に増えるばかりじゃねえか!」「通学・通院の足を無くすな!」という不満が噴出する訳です。
北海道新幹線の新函館北斗~札幌間は2030年度末の開業予定ですが、その頃のJR北海道を取り巻く情勢はいかばかりか・・・。
飲み会の後半には設営作業を終えたTJライナーさんが飛び入り参加。
ちなみにTJライナーさんは延伸賛成派であります。





翌日はOBいしかわさんと2人で夕張支線へ。
OBいしかわさんは当日中に埼玉へ帰らなければならなかったので、1往復のみの連帯となりました。
まずは石勝線2627D(千歳10:38始発・新夕張行き普通列車)に乗り込みます。
充当車両はキハ40-1706でした。





実は2627Dで新夕張駅まで移動すると、到着時刻が11:56となるので夕張支線9269D(新夕張11:40始発・夕張行き普通列車)への接続には絶妙に間に合いません。
そのため、追分駅で特急スーパーとかち3号(札幌10:24始発・帯広行き)に乗り換えるハメに。
キハ261系1000番台の5連は定刻より4分遅れの11:16に入線しました。


北海道の恵みシリーズ 道央 花の恵み 苫小牧運転所 札幌車掌所


新夕張駅に到着したのは定刻より5分遅れの11:41!
既に9271Dの発車時刻を過ぎていますが、キハ40系3連は乗り換え客を待っていました。
大急ぎで乗り換えねばならず、写真はピンボケになってしまいました。

前日は日高色、「道央 花の恵み」、JR北海道色という不揃い塗装編成でしたが、17日は「道央 花の恵み」をJR北海道色2両でサンドイッチした編成を組んでいました。
これはちょっと面白みが薄れてしまったな・・・。
組成内容は下記の通りです。

←追分・新夕張 キハ40-1767キハ40‐1780キハ40-1763 夕張→



キハ40系 乗務員室 車掌 札幌車掌所 夕張支線 廃止


定刻より3分遅れの11:43、新夕張駅を出発。
引き続き札幌車掌所リゾートチームが乗務を担当していますが、この日はリーダーさん不在で若手の車掌さん1名だけでした。
若い車掌さんは沼ノ沢駅の停車時、中間の乗務員室で列車監視を行っていました。
ドア操作は運転士が担当するため、車掌スイッチの鍵を携帯していません。





定刻より6分遅れの12:13、終点の夕張駅に到着。
途中の沼ノ沢駅、南清水沢駅、清水沢駅、鹿ノ谷駅では一番前のドアしか開きませんでしたが、夕張駅では全てのドアが開きます。
客の下車には2分を要し、全員の降車を確認したら運転士が落とし窓から顔を出してドアを閉めました。





駅舎への連絡通路には派遣されてきた2人の駅員が立ち、臨時改札を行っていました。
2人とも名札に示された所属名を見ると「無人駅集札」とあり、名札の形状もJR北海道のプロパーが付ける物ではありません。
この駅員さん達は子会社の北海道ジェイ・アール・サービスネットに所属し、無人駅の臨時改札や簡易券売機の売上金回収を主に担当する係員ですね。
札幌近郊の普通列車に乗っていると、接客制服を着た初老の係員がコインケースを持って無人駅を巡回している様子をたまに見かけます。





臨時改札を通過してすぐ、通路脇ではビストロ張元による「夕張駅立売販売」が営業中。





ビストロ張元は夕張市内でホテルマウントレースイや鹿鳴館を経営する「元大グループ」の傘下にして、2018年12月に夕張駅前で開業した飲食店です。
南清水沢駅の待合室に貼られていた読売新聞の記事を読むと、2019年1月には札幌市内にも支店をオープンしています。





せっかくなので「ありがとう夕張支線弁当」を1つ購入。
のし紙を撮影したはいいのですが、うっかり中身を撮り忘れてしまいました。
おかずのバラエティが豊富で美味しかったですね。
30日・31日にも2日連続で夕張支線を見納めに行くので、その時にまた買います!





OBいしかわさんは待合室の売店で「ありがとう夕張支線まんじゅう」を購入されました。





連動装置も無い棒線駅ではありますが、保安要員として千歳駅から輸送助役も派遣されています。
輸送助役はヘルメットに2本の赤帯が入ります。





千歳駅長も作業服を着てホームを巡回。
ヘルメットには赤帯2本と白帯1本が入ります。


札幌車掌所リゾートチーム 夕張駅


滞在時間が短いですが折り返し9271D(夕張12:20始発・新夕張行き普通列車)に乗って引き返します。
若い車掌さんはホームに出て出発時機を見定めます。





定刻通り12:20に出発。
ホームでは地元住民が黄色いハンカチを振って列車を見送ります。


石勝線夕張支線 札幌車掌所リゾートチーム


車掌さんはガイドアナウンスを終えた後、客室を巡回し車内補充券の発行に務めます。





意外と乗客はまばらで、終点の新夕張駅には12:43に到着。
ここで2628D(新夕張13:03始発・千歳行き普通列車)に乗り換え、千歳方面へと戻りました。


OBいしかわさんと別れた後は、千歳駅前の複合ビル「千歳ステーションプラザ」にある文教堂千歳店へ。
奇しくもこの日が同店の営業最終日。
本棚は在庫処分が進み、スカスカになっていました。


※写真は2019年3月16日、2019年3月17日撮影


(文・写真:叡電デナ22@札幌市在住)


鉄道コムのブログランキングに参加中!バナーのクリックをお願い致します。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-03

Comment







管理者にだけ表示を許可