タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › Archive - 2024年02月
2024-02-29 (Thu)

全線ワンマン化後もたまに実施 神戸電鉄における車掌の乗務

全線ワンマン化後もたまに実施 神戸電鉄における車掌の乗務

3連休中日の2024年2月24日は神戸電鉄を乗り回していました。鈴蘭台西口駅から丸山駅に向かう途中、鈴蘭台駅で新開地行きに乗り換え。やって来た5000系5005Fの最後尾では車掌が落とし窓を開け、列車監視に当たっていました。神戸電鉄は1991年10月28日開業の公園都市線でワンマン運転を導入しました。その後、合理化のためワンマン運転を拡大し、2003年6月23日には有馬線末端区間(有馬口~有馬温泉間)、2004年1月11日に粟生線系統...

… 続きを読む

2024-02-27 (Tue)

神戸三宮駅前「八坐和」で神戸牛ラーメンを味わう

神戸三宮駅前「八坐和」で神戸牛ラーメンを味わう

2024年2月23日~25日の3連休中は神戸・姫路近郊に行ってきました。半年足らずの間に3回も関西に出向いています。元々は兵庫県内の駅を見て回るプランだったのですが、好奇心には勝てず岡山県東部(姫路から日帰りできる範囲)にも足を伸ばしてしまいました。さて、初日は山陽電鉄の月見山駅、中八木駅、八木総合事務所(施設区・電気システム区が入居)、東二見駅、東二見車庫を周遊。その後は阪神8000系の直通特急梅田行きに乗り...

… 続きを読む

2024-02-22 (Thu)

札幌市営地下鉄東豊線で不祥事 未検査の車両を4日間運行

札幌市営地下鉄東豊線で不祥事 未検査の車両を4日間運行

東西線二十四軒~西28丁目間の沿線にあり、現在は東豊線9000形(全20編成80両)を管理している西車両基地。同基地は札幌市交通局高速電車部車両課二十四軒検修係が管轄しており、一部作業はJR北海道グループの札幌交通機械㈱車両事業本部高速電車部電車第三課が請け負っています。そんな西車両基地で前代未聞の事態が発生しました。9000形1編成が定期検査を受けないまま、2024年1月19日~22日の4日間に渡り営業運転に就いていたと...

… 続きを読む

2024-02-20 (Tue)

北陸本線春江駅[2] 無人化後も残る宿直室の洗濯機と軌道検査班詰所

北陸本線春江駅[2] 無人化後も残る宿直室の洗濯機と軌道検査班詰所

前回記事はこちら。引き続き福井県は坂井市春江町中筋1-1(旧:坂井郡春江町中筋1-1)にある、JR西日本の春江(はるえ)駅を取り上げましょう。駅の大まかな歴史と待合室については既に書いたとおりです。今回はラッチ内の様子を見ていきましょう。ラッチ内から改札口を眺めた様子。引き戸の手前にパイプのラッチと、投入口を傾斜させた集札箱を備えています。ラッチは駅員の立ちスペースを2ヶ所配置しています。JR西日本 国鉄 ...

… 続きを読む

おはようございます。 * by 闘将ボーイ
前回からも楽しみに読ませていただいております。
以前もお話したかと思いますが、私が国鉄を
去る数年前に「保線区で働く国鉄職員が勤務中に
洗濯をしていた。」と言う事をマスコミが
大々的に取り上げて、「勤務中に制服を洗うとは
何事だ。」なんて事件?になった事がありました。
これは、当時電車のトイレがタンク式ではなく
そのまま線路に落ちるタイプだったのです。
なので線路で保線作業をする職員がそれを
浴びてしまう事が多々あり、仕方なく洗濯や
入浴をしていたのです。
この駅に洗濯機が残っているのも、万が一の
時の為だと想像しました。

前回もそうですが、よくお調になっているな。
と感動しました。
これからもよろしくお願いします。

Re: おはようございます。 * by 叡電デナ22
闘将ボーイさん

どうも、こんばんは。
お褒めの言葉をいただき、誠にありがとうございます。
ブログを書く上で大変励みになります。

なるほど、駅の洗濯機は黄害対策の手段でもあったのですね!
それは盲点でした。
こうした事情もあるのに「勤務中に洗濯するな」と叩くマスコミには本当に困ったものです。
大阪車掌区で車掌長をなさっていた坂本衛さんのお話によると、当時は機関区にもマスコミが忍び込んで昼前の食事風景を撮影し、「国鉄の機関士は11時から昼食を取っている!」という記事を書こうとしたそうですね。
そこを職員達が取り押さえて詰問したら、自らの悪意を白状したという事です。

今は保線作業員が黄害に悩む事もありませんが、よくよく考えれば雨の中でも作業に当たる訳ですから、泥で作業服が汚れる事もあるかと思います。
春江駅の洗濯機も、保線作業員が汚損した服を洗えるように残しているのでしょうね。

Comment-close▲

2024-02-18 (Sun)

北陸本線春江駅[1] 特産の絹織物やレーヨン製品を発送した駅

北陸本線春江駅[1] 特産の絹織物やレーヨン製品を発送した駅

福井県は坂井市春江町中筋1-1(旧:坂井郡春江町中筋1-1)にある、JR西日本の春江(はるえ)駅。2006年3月20日の合併まで存在した自治体・春江町(旧:春江村)の中心部に置かれた駅です。福井県では古来より絹織物の生産が盛んで、県外にも「越前織」の名が広く知れ渡っています。県内の年平均湿度は76%で、絹織物の生産に最適な気候だといいます。絹織物は湿度が高くじめじめした環境だと、金筬と絹糸の間に静電気が起こらず織...

… 続きを読む

2024-02-15 (Thu)

札幌市営地下鉄、接近メロディ廃止へ 冬季五輪の招致活動停止につき

札幌市営地下鉄、接近メロディ廃止へ 冬季五輪の招致活動停止につき

2014年11月27日の札幌市議会。当時の札幌市長・上田文雄さんは2026年の冬季オリンピック招致に乗り出す意向を表明しました。招致活動は後継の秋元克広市長が継承し、紆余曲折あって2018年5月14日より招致目標を2030年開催に変更しています。この4年繰り下げは実のところ、2030年度末に予定していた北海道新幹線の札幌延伸を前倒しにするための方便だったそうです。しかし2021年夏の東京オリンピックにおいて数々の不祥事が発生。開...

… 続きを読む

2024-02-13 (Tue)

志度線房前駅における旧名古屋市営車の発着風景

志度線房前駅における旧名古屋市営車の発着風景

前回記事では香川県高松市牟礼町原622-1(旧:木田郡牟礼町原622-1)にある、高松琴平電気鉄道の房前(ふさざき)駅を取り上げました。当駅の北側では線路が海岸に沿ってスラロームを描いています。この曲がりくねった線路を見下ろせる房前公園は撮影の名所。志度湾の海岸線を駆け抜ける電車の勇姿を捉える事が出来ると評判です。。しかし訪問当日は斜面の木々が伸びており、残念ながら見晴らしが悪い状態でした。仕方がないので房...

… 続きを読む

2024-02-11 (Sun)

志度線房前駅 「海女の玉取り伝説」に登場する藤原房前

志度線房前駅 「海女の玉取り伝説」に登場する藤原房前

香川県は高松市牟礼町原622-1(旧:木田郡牟礼町原622-1)にある、高松琴平電気鉄道の房前(ふさざき)駅。瀬戸内海に繋がる志度湾の西岸に位置する駅で、海岸との距離は約90mです。先日取り上げた塩屋駅と同様、こちらも現地に「房前」という地名はありません。ただし駅から約264m北に「房前ノ鼻」という小さな岬があり、これが駅名の由来となっているようです。では房前の語源は何かと言うと、どうやら志度に伝わる「海女の玉取...

… 続きを読む

2024-02-06 (Tue)

志度線琴電屋島駅[2] 駅舎手前に残る軌道線時代の低床ホーム

志度線琴電屋島駅[2] 駅舎手前に残る軌道線時代の低床ホーム

前回記事はこちら。引き続き香川県は高松市屋島中町270-1にある、高松琴平電気鉄道の琴電屋島(ことでんやしま)駅を取り上げましょう。駅の大まかな歴史、駅舎の内外については既に書いたとおりです。今回はプラットホームの様子を見ていきましょう。ホーム側から駅舎を眺めた様子。手前に低い石垣がありますが、これは軌道線時代のプラットホームだそうです。既に触れたとおり志度線は、前身に当たる東讃電気軌道が軌道法に則り...

… 続きを読む

名札掛け * by 快速樺戸3号
はじめまして、琴電は中~高校生(90年代)に時々通学や買い物に利用していました。CTC化は新体制後でしたので当時は自動閉塞といえども交換駅の一部には運転扱い要員として当務駅長が配置され、名札掛けには駅長と書かれていたと記憶しております。列車が入線するごとに出場して出発信号機の操作をしていたことを記憶しております。

Re: 名札掛け * by 叡電デナ22
快速樺戸3号さん

どうも、はじめまして。
多忙につき返信が遅れてしまい、大変申し訳ございません。

なるほど、名札掛けには「駅長」と書いてあったんですね。
現行職制では駅長の職名が廃止されていますが、確かに昔は駅長の配置があったと聞いています。

運転取扱い要員という事ですが、出面を考えると駅長は同じ駅に複数名が在籍したのでしょうか?
当務駅長という括りでしたら、JRも同じ駅に複数名の輸送主任を配置する事がありますね。
職名の取扱いは鉄道会社によって異なるので、「駅長=現場長」ではない可能性もあるかと思いましたが如何でしょうか?

No Subject * by 快速樺戸3号
叡電デナ22 様

当時の琴電の業務体制は詳しく確認はしていませんでしたので詳細はよくわかりません。最初のコメントに書いた当務駅長も当時そのような呼称だったかは確認しておらず便宜的に表現してしまいました。今なら親しくなった社員の方に話を聞くこともできたのでしょうが如何せん当時の駅員の接客態度は今と考えられないくらい悪く、とても・・・。

駅係員のことで記憶しているのは駅員交代時に名札の架け替えをしていたこと。琴電屋島や八栗、高田、平木のような拠点となるような駅の出面は2~3名。小規模な有人交換駅(木太東口等)では1名。無人の交換駅は近隣の有人駅のRCだったかもしれない(例:長尾駅の連動盤に井戸駅のてこが、瓦町志度長尾線駅長室の連動盤に花園駅のてこがあった)くらいでしょうか。
すみません答えになっていないですね。

Re: * by 叡電デナ22
快速樺戸3号さん

どうも、こんばんは、
確かに昔の琴電は社員の態度が悪かった・・・という話をよく聞きます。
沿線に住んでいた知人の話では「なかなか内定をもらえないヤンキーが入るような会社」だったそうですね。

琴電屋島駅の出面は2~3名ほどだったんですね。
駅に残された名札掛けは3名分ですから、ちょうど一致しますね。

RC方式の遠隔制御は書籍『四鉄史』に国鉄時代の予讃線でも実施していたとの記述があります。
琴電は高度経済成長期に全線の自動閉塞化を果たしているので、予讃線と同じくRCを導入して無人化に供したものと思います。
設置していた駅の情報をいただけたのは大変ありがたいです。

Comment-close▲

2024-02-04 (Sun)

志度線琴電屋島駅[1] 江戸時代まで文字通りの「島」だった台地

志度線琴電屋島駅[1] 江戸時代まで文字通りの「島」だった台地

香川県は高松市屋島中町270-1にある、高松琴平電気鉄道の琴電屋島(ことでんやしま)駅。地名の「屋島」とは元々、駅の北側に広がる卓状台地を指す名称です。その名の通り大昔は瀬戸内海に浮かぶ「島」で、まっ平らな山頂から麓に向かって傾斜した姿が屋根に似ています。平安時代の屋島には「屋嶋城(やしまのき)」という平家の城砦があり、瀬戸内海の制海権を握る上で重要な軍事拠点だったといいます。1185年3月22日(旧暦:元暦...

… 続きを読む

2024-02-01 (Thu)

JR北海道も都市型ワンマンを検討か?735系に車両側面カメラ設置

JR北海道も都市型ワンマンを検討か?735系に車両側面カメラ設置

まだ現車を見ていないのですが、735系A-102編成の車体側面に監視カメラが設置されたと話題になっています。2024年1月26日から目撃情報が相次いでおり、どうやらJR北海道は3両編成のワンマン化に向けて試験を行なうようです。2024年3月16日に控えるダイヤ改正では函館本線岩見沢~旭川間に737系を投入する予定です。現行の721系を置き換える事で2両編成化し、岩見沢~滝川間では朝・夜間の一部を除き普通列車のワンマン化を開始。滝...

… 続きを読む

* by 〇〇
JR北海道も現場の現役の人の人手がおそらく足りてないんでしょうね。

乗務員関係も一般職の現役の人の退職などで少なく、一時的に働く総合職の人と60歳以上の国鉄採用の人を合わせ、なんとか行路を回しているのでしょうね。

今回のダイヤ改正でもエアポートの増発以外は減便やワンマン化も目立っており、おそらく乗務員の行路を減らすことも年々大きな課題となっていると思います。

そのため恐らく都市電車においても減便とワンマン化を行い、運転士と車掌行路の削減に努めるのではないかと思います。

Re: タイトルなし * by 叡電デナ22
〇〇さん

乗務関係について言うと「人手不足」は建前で、本音は「人件費を少しでも減らしたい」というところにあるような気がします。
同じ道内では札幌市営地下鉄が3路線をワンマン化しましたが、これも別に乗務員不足という訳ではなく、まさに合理化の一環でした。
JR北海道が1990年代に推し進めたワンマン化も人件費の削減を図った施策ですね。

むしろ人手不足が深刻なのは保線関係でしょう。
JR北海道の工務系統は転勤が多く、保線管理室によっては僻地での生活を余儀なくされます。
しかも日常業務は軌道検査、(比較的簡易な)補修作業、工事計画、請負業者との打ち合わせ、果ては深夜から翌朝にかけての外注工事立会いと目まぐるしく、こうした負担の大きさから若い保線社員の離職が相次いでいるのです。

2020年8月31日には室蘭保線所の若手社員が、早朝に外注工事の立会いを終えて社用車で自所に戻る途中、対向車と正面衝突して亡くなるという悲しい事故もありました。
この事故がきっかけで保線社員の負担を減らそうという動きも起きているそうですが、それでも人材の流出に歯止めが効かない状況です。

一方、乗務関係は事あるごとに業務の縮減を重ねてきていますので、さすがに保線ほどの人手不足が深刻という訳ではないと思います。
むしろ車掌については現状でも「人手余り」の状況なのではないでしょうか?

Comment-close▲