タタールのくにびき -蝦夷前鉄道趣味日誌-

現在、札学鉄研OB会ブログから筆者投稿の記事を移転中です

Top Page › Category - 甲信越
2015-12-13 (Sun)

富士急行5000形【車内画像アリ】

富士急行5000形【車内画像アリ】

河口湖駅にて5000形は1975年に日本車輌で新製された車両で、富士急としては最後の自社発注車となりました。同社初の冷房車でもあり、ローカル私鉄において冷房新造車を投入した事が評価され、1976年度鉄道友の会ローレル賞を受賞しました。両開き2ドアながら20m車体で、幅も2900mmと当時の地方私鉄の車両としては高規格。車体裾を絞ったスタイルや高運転台など、同じ山梨県内で運転されていた国鉄115系を意識した部分も見られま...

… 続きを読む

2014-12-07 (Sun)

運用から外れた豊田のスカ色115系

運用から外れた豊田のスカ色115系

鉄道ニュースでの報道にて知ったのですが、本日を以ってJR東日本豊田車両センターの115系が運用から離脱した模様です。豊田の115系といえば数少ないスカ色の生き残り。中央線立川以西で運行され、山間部を走行する事から「山スカ」ともあだ名されておりました。私鉄の富士急行線にも乗り入れていたものです。これまで115系3連12本が担ってきた運用は、長野総合車両センターの211系3連11本に置き換えられる事に。都内に住んでいる間...

… 続きを読む

No title * by 高崎線好き
ついに八トタの115系スカ色は引退してしまいましたね。M1とM9編成は現役で残る初期車体更新車となってしまいました。ボックスシートも原型のまま、モケットは変わってしまいましたが列車の旅を楽しめる車両でした。長ナノ車は立川までの運用が継続しているのでまた楽しみたいです。

No title * by 札学鉄研OB会
>高崎線好きさん

なるほど、やはり記事で載せたM1編成のインテリアは原型に近いものだったんですね。
セミクロスシートの国鉄型は、鉄道ならではの旅情が強く感じられると思います。
スカ色は残念ながら旅客運用から離脱しましたが、長ナノ車の運用が残存しているとの事。
残った115系だけでも、より多く記録に留められると良いですね。

(叡電デナ22@札幌市在住)

No title * by 高崎線好き
話が変わってしまいますが、高崎線では115系はヤマ車とシマ車の併結運用がありました。今はE231系ヤマ車とコツ車の併結運用があります。JR東日本管内で同車種で併結運用が見られるのは高崎線だけです。

No title * by 札学鉄研OB会
>高崎線好きさん

車種が同じだけど所属の車両センターが別々のもの同士による併結、という事でしょうか?
確かにそれだと他の線区では見かけないですね。
同じ所属のもの同士なら中央線快速のE233系や総武線快速・横須賀線のE217系、新潟の115系・E127系など、他にも例が挙げられますね。

(叡電デナ22@札幌市在住)

No title * by Lewis
叡電デナ22さん、こんばんは。Lewisです。どもです~(^^ゞ

遂に運用から外れましたか、豊田115…
内地で働いていた頃に、かつて週末運転されていた、ホリデー快速むさしの号充当時にたった一度だけ乗ったことがありますね。その日は武蔵野線からの大宮行きが189、大宮からの八王子行きが115でしたね。当時はなんだこのスカ色…とか思っていましたが、今思うとなんてこと思ってたんだ…なんて後悔しまくりです(汗
今も貨物線経由で普通列車として継続運転していますが、いかんせん車輌が違う(と思う)ので、身が入らないというかなんというか…

懐かしく思い出しました。こういう歴史的な車輌が定期的に見られなくなるのは寂しいですね。では。

No title * by 札学鉄研OB会
>lewisさん

どうも、ブログではお久しぶりです。

前々から一斉に消えるのでは、と噂されてはおりましたが、いざその時になるとさよなら運転すらなく、何だかあっけなく終わってしまいましたね…。
スカ色が旅客運用から消滅するのですから、八王子支社にはせめて何かしらイベントでも開催して頂ければ良かったと思います。
こんな終わり方ですから少し虚しいですよね…。

また、豊田車の運用自体が長ナノに置き換えられてしまったので、もちろん豊田側では代替車両の導入もありません。
そうなると、今後の貨物線経由の臨時運用にも少なからず影響が出そうな気がしますね。

(叡電デナ22@札幌市在住)

Comment-close▲